【確信と真実】アノマリーマスターを動かしたら判明【仲値トレード】

ゴゴジャンEA
気になるEAを発見「”アノマリーマスター”というEAが気になっています。1ポジ型で損益は右肩上がり。だけど、そんなに上手く稼げるのか?少し心配です。」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • ”アノマリーマスター”を動かした結果を公開【認証口座】
  • ”アノマリーマスター”のロジック【仲値トレードが基本】
  • EA開発者は「Trader Kakugo」さん【経歴不明+対応迅速】

筆者は投資歴15年の熟練トレーダー。
学びの姿勢を忘れぬよう、反省と改善の毎日。ブログ執筆は、自身の学びの場と考えています。

100ドル紙幣に印刷されているアメリカ人

賢い者は、他人の失敗に学ぶ。愚かな者は、自分の失敗にも学ぼうとしない。

-ベンジャミン・フランクリン(アメリカの政治家、著述家)

今回は”アノマリーマスター”というEAをレビュー。
実際に動かしてみました。なので、筆者の失敗からぜひとも学んでください。

”アノマリーマスター”を動かした結果を公開【認証口座】

アノマリーマスターを動かした結果を公開【認証口座】
“アノマリーマスターの取引頻度は、2日に1回程度”

EAを稼働開始。
”アノマリーマスター”を2つのサービスで公開しています。

  • Myfxbook (認証口座)
  • REALTRADE (GogoJungle運営サービス)

※Myfxbookの見方についてはMyfxbookの使い方と見方→時間+損失を1/9に効率化で詳しく解説。あわせて参考にしてください。

Myfxbook (認証口座)

widget

REALTRADE (GogoJungle運営サービス)


2021年12月15日スタート、初期証拠金は1000ドルから。

Alpariのデモ口座をつかってテスト中。※EAテスト用のデモ口座については【画像解説】AlpariのMT4デモ口座を使ってバックテストの準備【3分で完了】で詳しく解説。同じ環境で試したいという方はどうぞ。

”アノマリーマスター”は、USDJPY専用EA。そして、取引回数は2日に1回ペース。なので、実態がわかるまでは最低3か月は見る必要があります。

データが集まるまで、ゴゴジャン公式サイトの情報から、EAを深掘りしていきます。

”アノマリーマスター”のロジック【仲値トレードが基本】

アノマリーマスターのロジック【仲値トレードが基本】
“アノマリーマスター”は2021年4月に販売開始、販売実績は149本

”アノマリーマスター”の特徴は以下のとおり。

  • その①:USDJPY専用、1ポジ型EA
  • その②:4つのロジックを使用
  • その③:パラメーター設定の数は「27」
  • その④:特定の時間にエントリー

順番に見ていきましょう。

その①:USDJPY専用、1ポジ型EA

”アノマリーマスター”は、USDJPY専用の1ポジ型EAと紹介されています。1ポジ型EAの特徴をいっしょに考えていきます。

1ポジ型EAの特徴
  • 買いか売り方向に1つだけトレード
  • 最初のポジションが利確か損切りされるまで次の取引はしない
  • 獲得pips=損益となる(1ロットの場合で1pips=1000円)

ただし、相場環境の影響をもっとも受けやすいタイプのEA。なので、長期間にわたって利益を上げ続けるEAは少数。正直、EAの能力を見極めるのはむずかしいです。

有名な1ポジ型EA
有名な1ポジ型EA
一本勝ちは2016年から、Flashes for USDJPYは2017年からの損益

見てみると、発売当初は右肩上がり。その後、横ばいか下落に転じている。ただし、稼働期間は数年と長くなっています。

メリットは → 大きな損失の回避

ポジションが1つしかなく、損切りが入っているので大きな損失にはなりづらい。この大きな損失というのは、いきなり資金の50%~100%がなくなるという意味。なので、初心者は始めやすいというのがメリットです。

その③:パラメーター設定の数は「27」

その③:パラメーター設定の数は「27」
パラメーター設定は、4つのロジックごとに調整可能

設定できる項目は「27」。
ですが、実質的に使うのは「取引サイズ」「利確幅(pips)」「損切幅(pips)」の3つだけになりそうです。カスタマイズして試したい方は、この数値を調整して動かしてみてください。

その②:4つのロジックを使用

複数のロジックで構成されたUSDJPYのEAです。本システムは実需に逆らわないトレードをするため、安定した資産運用を行うことができます。
出典:アノマリーマスター – GogoJungle

4つのロジックでトレード。
しかし、このロジックについての説明は、どこにも書かれていません。
なので、過去の取引履歴から推測するしかありません。

なので、取引履歴を熟読してみました。

その④:特定の時間にエントリー

その④:特定の時間にエントリー
“アノマリーマスター”は特定の時間にエントリー、そして決済している

”アノマリーマスター”は、特定の時期にだけトレードしていました。

  • ゴトー日→円売りドル買い
  • 週末の金曜日→円売りドル買い
  • 毎月21日から月末まで→円買いドル売り

”アノマリーマスター”は「実需に逆らわないトレードをする」と先ほどの説明にもありました。取引履歴からわかるのは、3つの時期ごと、同じ方向に取引しています。

これらの取引は、日本企業の為替取引(実需)から見てみると分かりやすいです。

  • ゴトー日→ドルで海外の取引先に支払い(ドル買い需要)
  • 週末の金曜日→海外で稼いだ利益を国内に送金(円買い需要)
  • 毎月21日から月末まで→海外で稼いだ利益を国内に送金(円買い需要)

しかし、EAは必ずこのスケジュールで取引しているわけではなさそうです。

本EAは複数のロジックで構成されたUSDJPY専用のEAです。特殊なフィルターを搭載しているため危険な状況ではエントリーが行われません。そのため、完全放置での運用が可能となっており、EA初心者の方でも安心して使用することができます。
出典:アノマリーマスター – GogoJungle

つまり、基本的には決められた日程と時間に、決められた方向にトレードする。だが、状況によっては取引しないこともある。

こんな感じなのかなと。
こういうロジックであれば、EA販売からずっと右肩上がりなのも納得できます。

追記:4つの仲値トレードをロジックとしています

YouTubeで「4つの仲値トレード」と紹介されていました。


つづいては、EA開発者についても見ていきましょう。

EA開発者は「Trader Kakugo」さん【経歴不明+対応迅速】

EA開発者は「Trader Kakugo」さん【経歴不明+対応迅速】
どんな開発者なのかは、プロフィールからはよくわからない

EA開発者は「Trader Kakugo」さん。

ただ、ブログやSNSで情報発信している様子はまったくなし。
そして、ゴゴジャン公式サイトのプロフィールも最低限のことしか書いていません。さらに、販売しているEAは”アノマリーマスター”のみ。

圧倒的に情報少なすぎです。

ですが、EA購入者とのやり取りは迅速に対応している様子。現時点での販売本数は「149本」。最低限の信頼性はあるのかもしれません。

「Trader Kakugo」さんについての情報
  • 投資スタイルはシステムトレード
  • 投資歴は7年以上10年未満
  • 投資額は1000万円~5000万円
  • 全質問に12時間以内に返信

正直、プロフィールとEA購入者とのやり取りだけでは、よくわかりません。EA開発者の信頼性については、現時点では不明。

今後の情報発信に期待しています。

EAの信頼性とは何か?
EAの信頼性とは何か?
第三者による認証口座なので、嘘をつくことができません

EA開発者自身が、自分のお金でEAを動かしていること。

作っている人間も、お金を失いたくないから…
危ないと思えば、自分のお金で動かしたりはしません。

リアル運用結果はゴゴジャン上で確認可能。
この結果を元に【最新版】GogoJungle[ゴゴジャン] 有料EAランキングを作成。EAに信頼性を求めている方は、参考にしてください。

まとめ:”アノマリーマスター”を動かしたら判明

  • 2021年12月時点での利用者数「149名」
  • 販売価格は「19,800円」

ゴゴジャンで販売本数が100本を超えるEAは限られています。そして、販売本数が増えてくると値上げするのが過去のパターン。

もし、あなたが1ポジ型の仲値トレードをするEAを探しているなら、今すぐ公式サイトで、最新の販売価格を確認するのが賢明です。
» アノマリーマスター – GogoJungle公式サイトで確認する

今回は以上です。
EA開発者の情報が少ないので、ゴゴジャンのリアル運用結果を、あなた自身の目で吟味してください。