【厳選3冊】FXデイトレード初心者におすすめな本【新著はありません】

トレード本
FXデイトレード初心者「FXデイトレードでおすすめな本を知りたいな。 これからデイトレードを始めたいけど、どんな本で勉強を始めたらいいだろう。将来的にはデイトレードで稼ぎたいので、本気で勉強を始めたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • FXデイトレード初心者が最初に読んでおくべき本【3冊】
  • FXデイトレード初心者が本を読みつつやるべきこと

この記事を書いている筆者は、経験豊富な投資家す。

記事の信頼性を担保する情報
  • 筆者は、投資歴16年ほど
  • 投資収益のみで生活を始め11年目
  • 現在は東南アジアで海外ノマド生活

上記のとおり。
経験は長いほうなので、信頼できるかなと思います。

なお、本記事では「新しい本」を紹介していません。

というのも、新しい本でいいものは少ないです。筆者は1000冊以上の投資本を読んできました。経験から、新しい本だけでの知識習得は不可能です。なぜなら、トレードの歴史は100年以上あり、それだけ過去に出版された良書も多いからです。どうかご了承ください。

デイトレード初心者が読むべき本

FXデイトレード初心者が最初に読んでおくべき本【3冊】

考えた結果、3冊だけ厳選しました。
なお、読書は継続することが大切なので、できれば毎月3冊くらいは読むことをオススメします。

本を読んでいると、「このジャンル面白いな」と思う箇所が出てきます。そしたら、その関連本を読んでいくとOKだと思います。

というわけで、おすすめ本をみていきましょう。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

デイトレーダーに御用達の1冊『デイトレード』。
読んでおいて損はしない、濃い内容です。

トレード上達の秘訣

居心地の悪さが行動を喚起し、立ち上がって何かをしなければと思わせるのである。敗北の苦しみを味わい、苦痛を感じないことには、成長することはできないのではなかろうか。損失を尊重することを学んでほしい。不思議なことだが。それによって道が拓けるのである。(129ページ)

人生で成功するには

人生で成功するには、どれだけ勝つかではなく、負けをどれだけコントロールできるかにかかっている。それはトレーディングにも当てはまる。(139ページ)

損切ったトレーダーが手に入れるもの

まず、損切ったトレーダーは投下資金の大半を取り戻している。
次に、損切ったトレーダーは正しいポジションをとれる次なるチャンスを獲得している。
最後に、損切ったトレーダーはマーケット参加者が得られるプレゼントを得ることができる。自尊心である。(141ページ)

損切りができない人へ

1)状況が悪化した場合、どこで救助するのかをあらかじめ決めずに、ポジションをとってはならない。
2)常に、あらかじめ定めた水準で損切りしなければならない。
3)どうしても損切りのルールを守ることが難しい場合には、ポジションの半分を損切る癖をつけることから始める。(166ページ)

デイトレード大学―トレーディングで生活する!基礎からプロのテクニック (パンローリング相場読本シリーズ)

デイトレードという言葉が世に広がる前の、2002年に書かれた本。
中身はとてもシンプルだが、今でも十分通じる部分も多し。

何もしないのが一番

損切りしたあとは特に慎重になって、最低でも30分は何もしないといい。部屋の掃除をするとか、ほかのことをして気分を落ち着かせよう。その日はつらいかもしれないが、何もしないのが本当は一番よいのだ。(96ページ)

有利な状態でトレードをするには

人間心理がこのトレーディングというビジネスのキーポイントなのだ。
「迷うは不利のもと」という。迷うときにはてを出さないのが一番である。自身があるときに仕掛けて幸運をつかめばいいのだ。(97ページ)

負けが続いたらどうする

また、負けが連続して起こることもありえる。
これを解決する方法は、おそらくすべての売買システムに当てはまると思われる、次のようなやり方だ。…そう、たとえば連続して2回失敗したあとに使い始めるのだ。これでかなり成功の可能性が高まる。(166ページ)

日経225先物 ストレスフリーデイトレ勝利の方程式【増補改訂版】

日経225先物のデイトレで有名な”ついてる仙人”さんの本。
トレード学習方法も書かれているので、これからデイトレードを始めるという方にオススメ。

なんで儲からないの

儲からないトレーダーというのは買いのみの期間に売り仕掛けをするのです。天井らしい条件のことなど気にせずに価格だけを見て、ここまで高くなったらいい加減下がるだろうと思って売るのです。(110ページ)

トレードまえにシナリオを作る理由

シナリオを考えるのは、相場の動きをあてにいくというのではなく、今後株価がどのような動きになる可能性があるのかを、できるだけ多く想定しておくことです。(178ページ)

自分の心を安静に保つために

では、なぜシナリオを立てておく必要があるのか。それは、「前もって相場の動きを想定しておくことによって、想定外の動きをなくし、どのような動きになった場合でも冷静に対処できるようにする」ということです。

買いか売り、どちらかひとつにしよう

この理由は、自分の手法が定まっていないと売りと買いの両方を狙ってしまい、そうすると両方で利益を得るのではなく両方で損失を食らう、いわゆる「往復ピンタ」を食らってしまうことが多くなるからです。(179ページ)

本を読みつつ、次の3つを意識しましょう。

  • その①:気になった文章をメモすること
  • その②:メモした文章を、定期的に見返すこと
  • その③:メモを整理して分類すること

順番にみていきましょう。
※記事ももうすぐ終わりです。重要なので読み切りましょう。

その①:気になった文章をメモすること

本を読むだけじゃ、すぐに忘れます。
知識をメモして、ノートに書き留めること。

筆者は「Evernote」を使って記録しています。
過去に読んだ本から、この記事を書くことができるのも、このメモのおかげです。

当たり前ですが、本のページを読み進めることに価値はないですからね。
本から知識を吸収しましょう。

その②:メモした文章を、定期的に見返すこと

先ほどのメモを見つつ、定期的に見返すようにしましょう。

エビングハウスの忘却曲線
20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる
2日後には72%忘れる
6日後には75%忘れる
31日後には79%忘れる

人は何かを学んだあと、基本的にはほとんど忘れます。

1週間単位、1か月単位でトレードノートなどに記入する習慣をつけるといいと思います。確実に効果がありますし、トレードと結び付けて知識を定着させるのには最適です。

その③:メモを整理して分類すること

ここまででは、実際にトレードで使えるようにまではありません。

FXデイトレードで成果を出すために大切なこと

メモを整理して分類=自分の脳のなかを整理

メモを定期的に見返すことは必須です。
忘れてしまったら、元も子もありませんからね。

デイトレードで成果を出すには、この知識を「必要なものを」「必要なタイミング」で使いこなす必要があります。物質的、物理的に整理することによって、頭の中も整理することができます。万が一忘れてしまっても、すぐに見返すこともできます。

本を読み、知識をメモして、それを活かしつつトレードを続けましょう。
そして、損失が続くときもありますが、このプロセスを繰り返してください。

これが上達への近道です。
というわけで、今回は以上です。脱・初心者を応援しています。

デイトレード初心者が読むべき本