【誰でも簡単】FXGTの出金方法はbitwallet一択です【怪しくないよ】

海外FX
FXGTの出金方法が心配な人「FXGTの出金方法を知りたい。海外のFX業者なので、きちんと出金できるか心配。FXGTには少し興味があるけど、、、出金方法がクリアにならないと、何とも言えないな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • FXGTの出金方法は4つ【bitwalletが便利】
  • FXGTでこれをやると出金拒否【必ず覚えておこう】
  • 出金にまつわる噂の真相【FXGT編】

この記事を書いている筆者は投資歴15年目、現在は投資収益のみで海外ノマド生活しています。海外在住ということもあり、海外FXをメインに取引。最近では業者の特徴に合わせて使い分けているレベルです。

それはさておき、本記事は「FXGTの出金方法が心配で、1歩踏み出せない」という方向けに書いています。

以前は海外FX業者から出金するだけで一苦労でしたが、2021年現在では日本国内のFX業者の出金方法と変わらないレベルになってきました。

とはいえ、大半の人にはそんな現実、詳しくは知らないはず。

じゃあどうするか?
これから説明していきます(^_-)-☆

FXGTの出金方法は4つ【bitwalletが便利】

次のとおり。

出金方法手数料出金処理時間
銀行送金数千円程度最短5営業日
クレジットカード手数料なし2営業日
仮想通貨手数料なし48時間以内
電子ウォレット手数料なし48時間以内

FXGTから銀行送金で出金する(割高、非推奨)

出金方法銀行送金
通貨EUR, USD
手数料数千円程度
最低出金額100 USD
出金処理時間最低5営業日

この方法はオススメしません。FXGTからの海外送金手数料はかかりません。ですが銀行送金で出金する場合には、別途に2つの手数料が発生します。中継銀行手数料と被仕向送金手数料(受取手数料)が発生。目安としては2000円~5000円程度です。この金額は銀行によって変わるので、各自で調べる必要があります。

FXGTからクレジットカードに出金する(制限あり)

出金方法クレジットカード
通貨EUR, USD, JPY
手数料手数料なし
最低出金額50 USD(Master), 10 USD(JCB)
出金処理時間2営業日

クレジットカードに出金できるのはクレジットカードで入金した場合のみです。また、出金できる金額の上限は入金額までとなっています。では、入金額以上に利益が出た場合はどうなるのでしょうか。利益分に関しては、ほかの出金方法の中から選んで出金することになります。

FXGTから仮想通貨で出金する(おすすめ)

出金方法仮想通貨
通貨BTC, ETH, XRP, USDT
手数料手数料なし
最低出金額0.005(BTC), 0.05(ETH), 25(XRP, USDT)
出金処理時間48時間以内

FXGTから、仮想通貨で出金する際の手数料は無料です。仮想通貨は、価格変動が大きいので注意が必要。ただ、ガチホしている人は、そんなに気にならないと思うのでコインオタクの人にはいいかも。

注意喚起:2020年から2021年にかけて、仮想通貨が爆上げしています

注意喚起:2020年から2021年にかけて、仮想通貨が爆上げしています

FXGTで電子ウォレットに出金する(とくにおすすめ)

出金方法電子ウォレット
通貨EUR, USD, JPY
手数料手数料なし
最低出金額10 USD(bitwallet), なし(STICPAY)
出金処理時間48時間以内

FXGTで使える電子ウォレットは2種類あり、bitwalletとSTICPAYの2つ。このうちSTICPAYは、STICPAY自体からの入出金に約2%の手数料がかかります。それに対してbitwalletでの入金時は無料、出金時は¥800のみ。圧倒的にbitwalletの方がコスパ高。1度設定してしまえば、無料で入出金ができるので海外FXでは必須のツールと言えるでしょう。

というわけで、以上がFXGTの出金方法です。

ただし、必ず出金できるというわけではありません。
出金拒否されるケースを見ていきましょう。

FXGTでこれをやると出金拒否【必ず覚えておこう】

ここからは『不安と心配』を解消するための内容です。

出金拒否はなぜ起こるのか?

海外FX業者では、出金拒否の噂がついて回ります。その理由は”国内FXと出金方法がちがう”からです

上記のとおりですが、FXGTでも問題なく出金できます。トレーダーの金を盗む悪徳FX業者が徘徊できるほど、世の中は甘くありません。

そのことを海外FX業者も理解しており、『出金拒否』はおろか『出金が遅い』という噂にすら過敏に反応して、システムを改善しているというのが海外FXの現状です。

国内FXと比較しながら、出金拒否と誤解される理由について考えていきます。

FXGTで出金拒否①:本人確認書類が未提出

本人確認書類の提出時期
FXGT出金するまでに提出
DMM FX口座開設時に提出

国内FX業者では口座開設時に、本人確認書類の提出が必ず必要です。それに対して海外FX業者では、出金するまでに提出としているところが多い。これは口座開設時のプロセスを少なくして、できるだけ早くトレーダーが取引を始められるようにするためです

つまり、本人確認書類の未提出で出金できないときに、出金拒否されたと勘違いしている人が一定数発生。なので、出金する前に必ず本人確認書類のアップロードを済ませておきましょう。

FXGTで出金拒否②:入金方法とは別の方法で出金しようとした

出金方法
FXGT複数あり
DMM FX銀行送金のみ

入出金について、ほとんどの国内FX業者は銀行送金の一択です。そして入出金手数料も無料。海外FX業者も『手数料無料』『即時出金』という仕組みを提供。そのために、複数の入出金方法が存在しています。

シンプルなのですが、海外FX・国内FXともに、アンチマネーロンダリングの観点から、入金方法と同じ方法で出金するというルールが一般的です。しかし、国内FXでは銀行送金しか入出金方法がないため、これを意識することがありません。なの勘違いが発生しているのかもしれません。

入金方法とは別の方法で出金はできますか?
入金方法と出金方法は同じである、必要があります。
ただし、クレジットカード/デビットカードで入金いただいている場合には、出金上限が入金額までとなるため、入金額以上の出金を行う場合には入金額を超えた金額に関してはbitwalletやSTICPAY、銀行送金などで出金する必要がございます。

FXGTで出金拒否③:禁止事項に抵触した場合

禁止事項
FXGTあり
DMM FXあり

この部分に関しては国内FX・海外FXともに同じになります。具体的な禁止事項は各FX業者によって違いますが、「スキャルピング禁止」や「アービトラージ禁止」など、特定の取引手法に関することが多い。ここについては、FX業者ごとに異なるので国内FX・海外FXを比較しても意味がないですね。

ここまで見てきた方なら、なんとなく海外FXの出金拒否についての噂が発生する理由を、理解できたのかなと思います。国内FX業者と海外FX業者の入出金の仕組みのちがいが分かれば、無駄な誤解で消耗することも少なくなるでしょう。

さいごに、FXGT独自の出金にまつわる噂を見ていきます。

出金にまつわる噂の真相【FXGT編】

FXGTから出金する際は、次の3つは抑えておきましょう。

  • 資金移動するとボーナスは消滅する
  • そして、出金するとボーナスはなくなる
  • ポジションを持ったまま出金は可能

資金移動するとボーナス消滅する?

資金移動でボーナスは全額消滅します。FXGTでは、条件のことなるボーナスキャンペーンを定期的に開催。このボーナスについては以下のような基本ルールがあります

・ボーナス反映には資金移動(eWallet→MT5口座)が必要
・資金移動(MT5口座→eWallet)すると保有ボーナス全額消滅
・60日間一度も取引・入金がないと保有ボーナス全額消滅

注意すべきはボーナス消滅条件です。せっかくもらったボーナスはMT5口座から資金移動する全て消滅します。なので、ボーナスを利用して取引する場合は注意してください。

出金するとボーナスはどうなる?

ボーナスが入っているMT5口座からeWalletへ資金を移動すると、その額を問わずボーナスは全て消滅してしまいます。出金はeWalletからしかできないので、結果として出金時にはボーナスは消滅します。

ポジションを持ったまま出金できる?

ポジションを保有中のMT5口座からeWalletへ出金することは可能です。ただし、出金後の証拠金維持率が10%以下にならないことが条件になります。

FXGTのボーナスキャンペーンについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

まとめ:FXGTの出金方法はbitwallet一択です

3行でまとめると、こんな感じ。

  • FXGTの出金はbitwalletが手数料無料でオススメ
  • 注意点は入金もbitwalletでしないといけない
  • FXGTから出金するとボーナスは消えてしまう

FXGTは初心者向けのユーザーページとなっており、FXから仮想通貨FXまで取引可能。使って損しない海外FX業者と気づいたのではないでしょうか。

というわけで、今回は以上となります。
FXGTの出金方法を理解すると、海外FXに対する不安も激減。

これを機に、ぜひFXGTで『小さな挑戦』を始めてみてください。

Comment