【4カ国で乗車】Grab Taxi[グラブタクシー]の使い方【アプリで快適】

決済サービス

筆者は2016年から、東南アジアで海外ノマド生活をしています。現在でも日本では普及していないライドシェサービスを東南アジア各国で使ってきました。Grab Taxi[グラブタクシー]をはじめとする、これらの企業は配車サービスにとどまらす、宅配フード、キャッシュレス決済と事業は拡大を続けています。

そこで今回は、東南アジアで1強状態にある配車アプリ、Grab Taxi[グラブタクシー]の国別の評判と口コミを実体験もまじえて紹介してきたいと思います。

まだ使ったことのない人は、利用者の声を感じてみてください。

東南アジア各国のGrab Taxi[グラブタクシー]

Grab Taxi[グラブタクシー]のネット上における評判や口コミは、結論からいって良いものが多いです。旅行者であれば空港から市内への移動、長期滞在者であれば日常的に利用しているという人が多く感じられます。それだけ生活の一部に定着しつつあるということですね。

白タクと聞くと最初は誰でも不安に感じますが、ライドシェアサービスは「ネットバンク」や「ECサイト」のような身近な存在に感じられます。

Grabタクシーについて

グラブ(英: GrabTaxi Holdings Pte Ltd)は、シンガポールミッドビュー・シティに拠点を置く配車アプリ運営企業である。マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアで自家用車向けGrabCar、オートバイ向けGrabBike、相乗りサービスGrabHitch、配送サービスGrabExpressおよび決済サービスGrabPayを提供している。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

※お知らせ:海外送金手数料が安くなります。
Wiseは全世界で1000万人以上が利用中。送金コストは最大1/8に削減可能。無料登録はメールアドレスのみ。必要なのは30秒の時間だけです。
» Wiseの無料登録はこちら(£500分の送金手数料が無料)

Grab Taxi[グラブタクシー] – シンガポール

一人当たりの名目GDP(USドル):64,578ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxi[グラブタクシー] – マレーシア

一人当たりの名目GDP(USドル):11,072ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxi[グラブタクシー] – タイ

一人当たりの名目GDP(USドル):7,448ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxi[グラブタクシー] – インドネシア

一人当たりの名目GDP(USドル):3,870ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxi[グラブタクシー] – フィリピン

一人当たりの名目GDP(USドル):3,104ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxi[グラブタクシー] – ベトナム

一人当たりの名目GDP(USドル):2,551ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxi[グラブタクシー] – カンボジア

一人当たりの名目GDP(USドル):1,504ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxi[グラブタクシー] – ミャンマー

一人当たりの名目GDP(USドル):1.299ドル
(参考 – 日本の名目GDP:39,303ドル)

Grab Taxiをベトナムのハノイで利用【体験談①】

空港から市内まで166円。
これ一択。
誰でも簡単。
2019年12月のことです。

ハノイ、ノイバイ空港からバスで市内には、バル利用で35,000ドン(166円)で行くことができます。そして、Grab Taxi[グラブタクシー]を使うと274,000ドン(1,300円)。

参考(成田空港から東京都心まで)
成田空港→東京駅:1,000円(バス)
成田空港→上野駅:1,050円(電車)

ハノイ、ノイバイ空港に着いたら……

ハノイ、ノイバイ空港に到着したら入国審査カウンターに向かいましょう。必要な人は入国前にアライバルビザを取得します。そして入国審査を通過したら、スマホのSIMが購入できます。

ハノイ・ノイバイ空港からバスで、ハノイ市内まで!

ハノイ、ノイバイ空港から市内まで

所要時間目安:1時間から1時間30分
バス運賃:35,000ドン(166円)
ノイバイ空港を出発してハノイ市内を循環したのち、ハノイ駅まで向かいます。

ハノイ・ノイバイ空港からGrabタクシーを使った場合

2019年12月7日にハノイ、ノイバイ空港から入国しました。20時台の到着です。空港からだと、バスを乗り換える必要があります。なので、この際はGrabタクシーを利用して宿泊先に向かいました。

274,000ドン(1,300円)で行くことができました。

ハノイ・ノイバイ空港からGrabタクシーを使った場合

ノイバイ空港から市内までは、バスで35,000ドン(166円)です。なので早朝から夕方までの到着便の場合、バスで市内に行きます。

やはり暗くなると不安になるものです。夜間到着便の場合は、市内までGrabタクシーで行きます。どこの空港でも市内までの交通手段は、ひとつに集約されつつあります。

Grab Taxiをインドネシアのジャカルタで利用【体験談②】

ジャカルタ空港から市内までのGrabタクシーの料金は207,500ルピア(1,522円) でした。
Grabタクシーの質は年々向上しています。なぜなら、空港到着後、ほとんど待たずに市内まで行くことができました。ここでは、ジャカルタ(スカルノハッタ)空港から、Grabタクシーで市内まで移動した経験を紹介します。

これで、ジャカルタ空港から市内へのアクセスが格段に向上します。

ジャカルタ(スカルノハッタ)空港から、Grabタクシーを使う際のポイント3点

  • 1.アプリは事前にダウンロード
  • 2.クレジットカードも事前に登録
  • 3.Grabタクシーのピックアップポイントで待とう

なぜなら…

1.アプリは事前にダウンロード

空港内は人も多く、初めての場合は不安です。到着後でも問題ありませんが、事前にアプリをダウンロードしておいた方がいいでしょう。

2.クレジットカードも事前に登録

入国直後は現地通貨は持っていないでしょう。クレジットカード登録をしておくと、キャッシュレス決済ができます。これも事前にやっておきましょう。

3.Grabタクシーのピックアップポイントで待とう

Grabタクシーにはピックアップポイントで乗車することになります。年々、このピックアップポイントを設ける空港が増えています。場所はアプリに表示されるので、まずはここまで行きましょう。

ジャカルタ空港から市内までのGrabタクシーの料金 –  今回のルート

今回は、このルートでジャカルタ(スカルノハッタ)空港から、滞在先に向かいます。

ジャカルタ空港から市内までのGrabタクシーの料金 -  今回のルート

「GoogleMap」で検索したルートはこちら、ほぼ同じです。

タクシー以外の交通手段も見てみましょう。時間は1時間30分から2時間くらい。58,000ルピア(404円)くらいで行けるみたいですが、乗り継ぎ多めです。

ジャカルタ空港から市内までのGrabタクシーの料金 – 乗ってみた!

飛行機から降りたら、タクシー乗り場に向かいましょう

飛行機から降りたら、タクシー乗り場に向かいましょう

今回は国内線なので、入国審査はありません

今回は国内線なので、入国審査はありません

ただ、ひたすら進んでいきます

ただ、ひたすら進んでいきます

ジャカルタ(スカルノハッタ)空港のターミナルは半円形になっています

ジャカルタ(スカルノハッタ)空港のターミナルは半円形になっています

Grabタクシーのピックアップポイント

1.Grabと書かれた緑のジャケットを着た、英語を話せるスタッフがいます。
2.自分の読んだ車が来たら、名前を呼ばれます。
3.気になることがあったら、ここで聞きましょう。

今回は、アプリで表示された料金には、高速道路代が含まれていないことがわかりました。目的地で降りるときに、アプリで料金を入力して請求します、とのことでした。

Grabタクシーの、ピックアップポイントは「HokaBen」のちょうど前でした

Grabタクシーの、ピックアップポイントは「HokaBen」のちょうど前でした

「GRAB CAR」と書かれている緑の看板が目印です

「GRAB CAR」と書かれている緑の看板が目印です

車はキレイで、ドライバーさんも親切でした

車はキレイで、ドライバーさんも親切でした

高速道路代。この金額は降りる際に、Grabアプリで別途支払います

高速道路代。この金額は降りる際に、Grabアプリで別途支払います

今回は合計、207,500ルピア(1,522円) で行くことができました。

今回は合計、207,500ルピア(1,522円) で行くことができました

ジャカルタ空港から、Grabタクシーを使う際のポイント3点!
  • 1.アプリは事前にダウンロード→インドネシア国外からでもダウンロード可能
  • 2.クレジットカードも事前に登録→日本のクレジットカードも使用可能
  • 3.Grabタクシーのピックアップポイントで待とう→タクシーの勧誘が多いので、ピックアップポイントまで直行

いつも空港から市内までの移動に、もたついていたけど…。これからは、旅行先で有意義な時間を過ごすことができるようになります。