インドネシア【Telkomsel】トップアップ、ローミング設定、simカードの有効期限の延長方法

インドネシア
スポンサーリンク

simの有効期間。

海外ノマドをしていると滞在国ごとに、スマホ用のsimを使い分けることになります。
しかし、就労ビザや留学ビザを取得しての長期滞在ではないので毎回、入国するごとに新しいsimを買うのはちょっとなぁ…。

そんなインドネシア滞在中にインドネシアの通信会社「Telkomsel」のsimの有効期間の延長方法を調べてみました。「Telkomsel」simの有効期間の延長方法を解説していきます。

スポンサーリンク

インドネシア【Telkomsel】simの有効期間の延長方法

「Telkomsel」simの有効期間はsimに現金をトップアップ(入金)することで延長することができます。「MyTelkomsel」というアプリから簡単にトップアップは行うことができます。アプリを起動したら、「Add Credit」をタップします。

アプリを起動してら、「Add Credit」をタップします

この画面で、トップアップできる金額と延長できる有効期間が確認できます
※2019年9月19日時点の為替レート:10,000インドネシアルピア=76.65円

有効期間トップアップ金額(Rp)日本円換算
+15 DaysRp 10,00077円
+30 Days(1か月)Rp 20,000153円
+30 Days(1か月)Rp 25,000192円
+45 DaysRp 50,000383円
+60 Days(2か月)Rp 100,000767円
+120 Days(4か月)Rp 150,0001150円
+150 Days(5か月)Rp 200,0001533円
+180 Days(6か月)Rp 300,0002300円
+240 Days(8か月)Rp 500,0003833円
+360 Days(12か月)Rp 1,000,0007665円

トップアップできる金額と延長できる有効期間が確認できます

トップアップ手段は複数あるのですが、僕は「OVO」もしくは「Gojek」というアプリから入金しています。

インドネシア【Telkomsel】simの有効期間を実際に延長してみた!

「Rp 100,000」を「OVO」から「Telkomsel」にトップアップしてみました。
トップアップ前の有効期間は「2019年11月2日」です。

【Telkomsel】トップアップ前の有効期間は「2019年11月2日」

トップアップ後は有効期間が「60日間」プラスされて「2019年1月1日」まで延長されていました。有効期間の延長はトップアップした日から60日間ではなく、現在の有効期間にプラスされる形で60日間延長されるようです。

【Telkomsel】「2019年1月1日」まで延長

※2019年12月24日追記

「Rp 20,000」を「OVO」から「Telkomsel」にトップアップしてみました。
トップアップ前の有効期間は「2020年1月1日」です。

【Telkomsel】「Rp 20,000」を「OVO」から「Telkomsel」にトップアップしてみました

トップアップ後は有効期間が「30日間」プラスされて「2019年1月31日」まで延長されていました。ここから、さらに「Rp 20,000」を「OVO」から「Telkomsel」にトップアップしてみました。

【Telkomsel】「Rp 20,000」を「OVO」から「Telkomsel」にトップアップしてみました

トップアップ後は有効期間が「30日間」プラスされて「2019年3月1日」まで延長されていました。「Rp 20,000」トップアップして「30日間」ずつ延長していくのが一番効率的で、おすすめです。

【Telkomsel】「Rp 20,000」を「OVO」から「Telkomsel」にトップアップしてみました

インドネシア【Telkomsel】simを国際ローミングして、日本で使う方法

「Telkomsel」simをインドネシア国外で使う際は、国際ローミングのアクティベートなどは必要ないようです。おそらくデフォルトで国際ローミング設定がされているものと思われます。

しかし、実際にインドネシア国外で使う際は国際ローミング用のパッケージを購入して使わないと、通話にしろインターネットにしろ割高な料金で使うことになってしまいます。なのでインドネシア国外で使う際は国際ローミング用のパッケージの購入は必須と言えます。

「MyTelkomsel」アプリを起動して、「Buy Package」をタップします。

アプリを起動して、「Buy Package」をタップします

「SHOP」画面から「Roaming」をタップします。

「SHOP」画面から「Roaming」をタップします

複数のプランを確認することができます。容量別、用途別、そして地域別に選べるようになっています。

例:Promo Internet Asia Australia(アジアとオーストラリア用インターネットのみ)
※2019年9月19日時点の為替レート:10,000インドネシアルピア=76.65円

有効期間データ通信容量パッケージ金額日本円換算
1 Days200 MBRp 50,000383円
3 Days1 GBRp 120,000920円
7 Days2.5 GBRp 250,0001916円
30 Days5 GBRp 350,0002683円

複数のプランを確認することができます

やはり、国際ローミングパッケージは国内のものと比べると割高です。インドネシア国外に1か月以上滞在する場合は、現地のsimを迷わず購入するべきでしょう。

インドネシア【Telkomsel】トップアップ、ローミング設定、simカードの有効期限の延長方法のまとめ

一回きりの短期旅行者は必要な気かもしれません。
しかし、僕のようにインドネシアに1~2か月程度の短期滞在を繰り返す可能性のある人は、毎回simを買うより一つの同じsimを保有し続けた方がいいかもしれません。

インドネシアは複数の島からなる人口のとても多い国です。
ということは、それだけ一定規模以上の都市も多いということになります。
一回の滞在で一気に周遊せず、毎回ちがう都市にゆったり滞在するのもおすすめです。

2019年9月19日 海外ノマドトレーダー まざ

Comment