【本質】”無料トラリピEA”は価値なし【スティーブ・ジョブズが教えてくれた】

EAレビュー
トラリピEAを探してます「無料配布しているサイトを発見。あとは口座開設して、動かせば利益が入ってくる。この考え方、間違ってませんよね。」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 無料トラリピEAの問題点① – 動かすタイミング
  • 無料トラリピEAの問題点② – EA提供者の信頼性
  • EA選びで大切なこと – お金では買えない信頼性とは
  • トラリピEAの運用結果を2つ公開します【運用実績】

筆者は投資歴16年のEAトレーダー。
「生きる」ことは「学ぶ」こと。投資家として生き残るため、日々「学び」の時間に投資しています。

スティーブ・ジョブズが大切にしたこと

自分たちが心の底から使いたいと思う製品をつくる

学ぶべきことは多い。
今回は、EA選びの「本質」をお話しします。

無料トラリピEAの問題点① – 動かすタイミング


そもそも、トラリピとは、

・一度設定すれば、長期間、自動で稼いでくれるシステム。
・価格の上げ下げを予想するのではなく、レンジの幅を予想する手法。

一見、簡単そうに見えます、、、
しかし、無料トラリピEAの問題点は、誰も教えてくれません。

基本的にトラリピEAとは…

基本的にトラリピEAとは…
出典:オセアニアブラザーズ – GogoJungle

本来はこんなEAです。

・設定したレンジ端付近では、強制ロスカットになる可能性が高い
・強制ロスカットになった場合、証拠金分の資金しか残らない(値動きと業者によっては追証が発生)
出典:オセアニアブラザーズ – GogoJungle

具体例を見ていきます。

3年間のバックテスト結果
トラリピEA「あんずα」でバックテストを実施
  • 使用したトラリピEA:あんずα
  • 初期証拠金は:10,000ドル(約120万円)
  • 期間:2012年1月から2014年12月まで
  • 通貨ペア:AUDNZD
なぜ、こんな結果になるのか?
なぜ、こんな結果になるのか?
2006年から2021年まで「AUDNZD」の値動き

理由は簡単。
強いトレンド(一方方向の動き)が発生していたから。

トラリピEAは、動かす「通貨ペア」「時期」を間違えると大損となります。それなら、現在は「トラリピEA」を動かしていい時期なのでしょうか?

「無料トラリピEA」の配布サイトを確認してみると、、、
「無料トラリピEA」の配布サイトでわかること
  • 「設定方法」→ 丁寧に解説
  • 「稼働手順」→ 丁寧に解説
  • 「動かしていい時期なのか」→ 完全スルー

なぜ、書かれてないのか、、、
残念ながら、わからないと考えたほうがいいでしょう。

それじゃ、ダメでしょ(;^ω^)

トラリピEAは使い方にコツが必要

短期の上げ下げを予想する必要はないが、どのくらい上下に動くのか考えて動かす必要があります。

具体例:トラリピEA「あんずα」の場合
具体例:トラリピEA「あんずα」の場合
出典:あんずα – GogoJungle

こちらのEA開発者は「通貨ペア」「時期」を自身で判断して動かしています。これが正しいトラリピEAの動かし方。トラリピEAで、損失となるパターンが分かっていれば「動かせばOK」みたいな発想には絶対なりません。

通貨ペアAUDNZDの価格がここ数年、一定の範囲にあって安定しているため、その中での上下動を堅実に拾って利益を積み上げていく設計です。(中略)

バックテストと数か月の実運用テストを以て、動作の安定が確認できましたのと、昨今 AUDNZDが本EAに合っている時期でしたので、公開させて頂きます。
出典:あんずα – GogoJungle

そもそも論として、有料でも、無料でも、
「トラリピEA」のロジック自体に、大きな差はありません。

だったら、無料でいいのでは?

自分たちの製品を知らずに、どうやってお客に勧めるというんだい?

-スティーブ・ジョブス(アップル創業者)

無料トラリピEA、
もうひとつの問題点を見ていきます。

無料トラリピEAの問題点② – EA提供者の信頼性


すべてのEAに言えることですが、フォワード結果が最重要。どんなにバックテストが優れていても、動かしたら損失…というEAは山のように存在します。

「フォワードテスト結果がない」ことの意味

一度も執刀経験のない医者の手術を受けるようなもの。

「無料トラリピEA」のフォワードテスト結果は、残念ながらほとんどが公開されていません。つまり、利用者であるアナタのお金で、EAの能力を実験することになります。

言い換えれば、無料だが、執刀経験のない医者の外科手術を受けるのと同じです。

「無料なので、もし失敗して…」
「後遺障害が残ったり、最悪死亡しても…」
「自己責任ということで、お願いします」

と言われていることと何ら変わりません。
これにアナタは「納得」できますか?

彼らがEAを動かさない理由「損するのイヤだも~ん」


無料トラリピEAの提供者は、自分では絶対に動かしません。その理由はシンプル。

  • 理由①:実運用テストをしていない → 損失の可能性高め
  • 理由②:動作の安定が確認できていない → 損失の可能性高め
  • 理由③:EAに合っている時期かわからない → 損失の可能性高め

提供している無料トラリピEAを動かすと「損失の可能性が高い」と考えているから。フォワードテストを公開しないで無料EAを提供。これでは、よくわからないEAを人に勧めているいるのと同じです。

※無料トラリピEAの提供者は、自分で開発したとも書きません。これも彼らが動かさない理由のひとつでしょう。

こんなEA、アナタが動かしたら「利益? or 損失?」
賢い人なら、少し考えればわかるはずです。

実運用(フォワードテスト)は超重要

バックテストと数か月の実運用テストを以て、動作の安定が確認できましたのと、昨今 AUDNZDが本EAに合っている時期でしたので、公開させて頂きます。
出典:あんずα – GogoJungle

トラリピEAは、長期間動かすことが前提。
なので、信頼性の低い「無料トラリピEA」を動かすと「お金」だけでなく「時間」も失うことになります。

あなたの時間、大切にしてください。

あなたの大切なお金は、
「心の底から使いたいと」思って作られたEAで運用しましょう。

そんなトラリピEAは、どこにある?

偉大な製品は、情熱的な人々からしか生まれない。

-スティーブ・ジョブス(アップル創業者)

そのヒントは「EA開発者」の情熱にあるのかもしれません。

EA選びで大切なこと – お金では買えない信頼性とは


信頼できる「トラリピEA開発者」は、少数派です。
ここでは2名紹介します。

1人目:EA開発者「ハチワレ」さん

収益率(22年3月時点) 稼働開始日 稼働期間
46.74% 2021/3/14 1年2ヶ月
500万円入金、認証口座で運用結果を公開しています。公開期間も1年を超えており、ブログ・Twitterでも、情報発信。EA開発者のお手本となるような行動です。
「トラリピEA:開発者」ハチワレさんの言葉

他人のお金を預かるEAを開発する以上、開発者自身が身銭を切って誰よりも先にEAを動かし、不具合があれば都度修正し、ロジックが通用しなくなったら配布をやめるのが真摯な対応だと思います。投資は自己判断なので結果責任は負えませんが、説明責任は負うべきです。
出典:無料配布のEAは危険?信頼できるEAの見分け方 – お金の仕組みで日本を守ろう

信頼とは何か、
あらためて、考えさせられました(^_^;)

2人目:EA開発者「ホー」さん

収益率(22年3月時点) 稼働開始日 稼働期間
136.99% 2020/9/17 1年8ヶ月
100万円入金、認証口座で運用結果を公開しています。入金額が非公開なのですが、取引履歴から100万円入金の口座であることは確認できます。ブログやSNSで情報発信はしていません。しかし公式サイト上における、利用者とのやり取りは、わかりやすく全ユーザーを意識した書き込みに感じます。

REALTRADEの認証口座とは

REALTRADEの認証口座とは
出典:REAL TRADE – リアルタイムでトレード情報をシェア

信頼できるEA開発者の特徴は、自身の運用結果は「認証口座」で公開していること。無料トラリピEAの提供サイトでは、皆無。圧倒的な信頼性の差がここにあります。

  • ① 第三者のツールなので偽造不可
  • ② キャプチャ画像ではないので偽造不可
  • ③ 全取引(金額も含めて)確認できるので偽造不可
アナタは何を思う…
・運用金額500万円のEA開発者 → 信頼する?
・運用金額100万円のEA開発者 → 信頼する?
・運用金額「0円」のEA提供者 → 信頼できますか?

「心の底から動かしたいと思うEA」アナタならどれを選びますか?

信頼できる「EA開発者」の条件は2つだけ

  • 「自分で動かしている」
  • 「運用結果を公開している」

なぜなら、この2つを実行することで「説明責任」を果たしているから。

投資は自己判断なので結果責任は負えませんが、説明責任は負うべきです。
出典:無料配布のEAは危険?信頼できるEAの見分け方 – お金の仕組みで日本を守ろう

さいごに、筆者の運用結果を紹介。
実弾(リアル口座)でトラリピEAを動かした結果をご覧ください。

トラリピEAの運用結果を2つ公開します【運用実績】


以下の2つ。

運用結果といっしょに見ていきましょう。

①:オセアニアブラザーズ

販売価格 販売開始日 販売期間
29,800円 2020/9/28 1年8ヶ月
AUDNZD専用のリピート系EA。
リアルフォワードは過去最高を更新中。トレードする価格帯によって、ロット数を調整で切るので、資金量に応じたリスク管理も可能。なお、EA開発者は500万円で運用中のリアル口座を1年以上公開。信頼性はピカイチです。

公式サイト オセアニアブラザーズ– GogoJungle
レビュー記事 【納得感アリ】”オセアニアブラザーズ”をレビュー【開発者:ハチワレ氏】

②:あんずα

販売価格 販売開始日 販売期間
21,000円 2020/12/9 1年6ヶ月
1か月で500pipsを狙える。
AUDNZD専用のトラリピ型EA。一定のレンジ内の動きを、堅実に拾って利益を積み上げていく設計されています。シンプルなロジックですが、ひと手間・ふた手間かけて長期運用に耐えられるように改良。EA開発者は、100万円スタートのリアル運用口座を2020年から公開。

公式サイト あんずα – GogoJungle
レビュー記事 【トラリピ型?】あんずαというEAを動かしてみた【開発者:ホー氏】

MT4で「トラリピEA」を動かしたい

アナタは、そう考えていたはず。
最後に「トラリピEA」選びの最適解をまとめておきます。

EA開発者が「心の底」から使いたいと思うEAか?


今回の記事をまとめると、以下のとおり。

  • トラリピEAは、動かす「時期」が重要
  • その時期は、トレード経験がないと分からない
  • 無料トラリピEA提供者は、EAを動かしていない
  • トラリピEAは、EA開発者自身が動かしているものを選ぶ
  • トラリピEAでも損する可能性はあり、結果は「自己責任」
  • リアル運用結果を公開しないのは「説明責任」の放棄なので、信頼性は低い

こんな感じかなと。

無料トラリピEAはおすすめしません

アナタなら、その理由はわかるはず、
それは「説明責任」を果たしていないから。

トラリピEAを動かしたい人、
アナタが取るべき行動は、もう分かってますよね。

初心者なら信頼性抜群の、
オセアニアブラザーズ』からスタート。

比較検討するなら、
あんずα』の商品ページも熟読してください。

どうしても、
「無料トラリピEA」がいいなら、
『10万円以上』は絶対に入金しないでください(※自己責任)

「信頼性=EA提供者が動かしている」
このことが分かれば「無料トラリピEA」の価値も、無料EA提供者が動かさない理由もわかるはず。

トラリピEAの「利益」は、EA購入コストの大小ではなく、EAの信頼性(優秀度合い)で決まります。正しい判断をしてください。

損することもある、だけど…

もしベストを尽くして失敗したら、それはベストを尽くしたってことさ。

-スティーブ・ジョブス(アップル創業者)

ベストを尽くすアナタを、応援しています(^_-)-☆

EA開発者も動かしている「トラリピEA」2つ