【Volatility Factor 2.0 Pro】リアル口座の結果。2019年7月第4週

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Volatility Factor 2.0 Pro】運用結果の記録です!

EAを購入する際はEAのフォワード結果が気になりますよね。

だけど、ネットを探してもなかなか見つからないのが実情です。

EA購入に際しての判断材料のためリアル口座の運用結果を公開しています。

海外EAでの自動売買を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

では、どうぞご覧あれ!

 

今週の運用結果は?

獲得損益 : EUR -542.87 (-9.19%)
獲得pips : -32.2pips

トレード回数71回
RR(平均勝ちトレード/平均負けトレード)0.21(24.29ユーロ/-117.42ユーロ)
ロット数51.15ロット
勝率77%
最大勝ちトレード(損益)+120.41ユーロ(+21.opips)
最大負けトレード(損益)-412.63ユーロ(-43.9pips)
PF(総利益/総損失)0.71

 

今週の反省と来週の運用方針!!!

今週はEURUSDでフルポジションのロスカットが発生しました。
この損失がなければ週間でプラスで終えることができたと思います。

今週感じたことは、EURUSDGBPJPYの動きが不安定だったことです。ECBと英国新首相就任というふたつの要因からの思惑によって価格が動いたというのがあります。事前に織り込んでいると思ったのですが、時期的に相場参加者が少なくなっているので反応が出てしまったのかなと思っています。

よって、この2通貨ペアのロット数を来週は減らして、他通貨のロット数をあげていきます。USDJPYはここ数週間の不調を抜け出している感じがしますが来週も様子見とします。

来週は米国でFOMCがあります現時点で0.25ベーシスの利下げは100%織り込み済み。パウエル議長の会見で今後の利下げについて何か言及があるかについて注目されています。

まあ、来週はFOMCまで横ばいで動かず、FOMC後に上下どちらかに動くのかなと思っています。しかし、どっちにしてもEAトレードは上下のどちらに動くかの判断は必要ないので、相場が急変したときだけ停止する必要があるのかないのかの判断だけしていきます。

それにしても、なかなかドローダウンを抜けることはできませんね(^_^;)
下の記事で、全期間の取引内容も確認できるのでぜひご覧ください。
では、また来週!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント