【悲報】海外FXの無料VPSで大損!サンクコストの罠に落ちた男の末路

格安VPS
ともかく無料VPS「海外FXで使える無料VPSを探しています。VPS料金を節約して、FX自動売買を始めたい。無料VPSにデメリットなんて、ありませんよね…。」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 海外FXの無料VPS→ おすすめは2社だけ
  • 無料でVPSを使える理由→ 利用条件には気をつけろ
  • サンクコストの落とし穴→ いらぬ取引は絶対するな!
  • 他人の失敗から学ぶこと→ トレーダーの基本です

筆者は投資歴16年の専業トレーダー。
大容量VPSを2台・約7万円で契約。
常時、20以上のMT4、そして500以上のEAを動かしています。

無料VPSにデメリットはあるのか?

選ぶ業者によっては、心理面に悪影響あり。
最適解からいうと、無料VPSの利用条件が「入金額」だけのものを選ぶ。そして条件に「取引ロット数」があるものは選ばない。その理由を筆者の失敗談も含めて見ていきます。

海外FXの無料VPS→ おすすめは2社だけ

以下の2社です。

  • GEMFOREX:無料VPSと無料EAが使い放題、さらにボーナスキャンペーンも豊富
  • Exness:無料VPSは口座残高500ドルから、無制限レバレッジも好評

理由を解説します。

無料VPSの利用条件は2つある

無料VPSの利用条件は2つある
GEMFOREX・無料VPSサービスの利用条件は、口座残高のみ

海外FX業者が提供している無料VPSには、利用条件があります。
大きく分けて、以下の2パターン。

  • 口座残高のみ
  • 口座残高+1か月あたりの取引ロット数

おすすめ2社は、条件が「口座残高」のみ。
なので、一定金額以上入金さえすれば、無料VPSが使える。とてもシンプルな仕組みになっています。これが、オススメの理由。

無料VPSの利用条件
海外FX業者 口座残高 取引ロット数
GEMFOREX 50万円以上 なし
Exness 500ドル以上 なし

具体的な使い方は、一定金額を入金。その後、サポートに「無料VPS」を使いたいと連絡すれば、手続きをしてくれます。

よくある質問①:取引ロット数が条件でも問題ないのでは?
回答:筆者はオススメしません。

その理由も含めてお話しします。

無料VPSの罠→ 利用条件には気をつけろ

1か月あたりの取引ロット数も条件となっている海外FX業者。
以下の3社です。

取引ロット数も利用条件にしている3社
海外FX業者 口座残高 取引ロット数
XMTrading 5,000ドル以上 5ロット/月
TTCM(TradersTrust) 2,000ドル以上 5ロット/月
FBS 450ドル以上 3ロット/月

ちなみに、この条件を満たせなかった場合、VPS料金が口座から実費で引き落とされます。

上記の要因を満たさないお客様も、会員ページからXMTrading VPSにお申込みいただければ、毎月1日に MT4/MT5口座から自動的に引き落とされる28 USDの月額手数料のご負担で同サービスをご利用いただけます。
出典:XMTrading公式サイト

よく見ると、
こっちでも、問題ないんじゃないか…。

そう思ったアナタ、
FX自動売買の経験、、、ほとんどないんじゃないですか?

1か月で5ロットの取引は現実的の数字なのか

実際の取引を例に、1か月あたりの取引ロット数を確認していきましょう。

例①:3か月で12万円稼ぐのに何ロット取引したか

取引ロット数 取引回数 損益
6.08 177回 +117,591円

3か月の取引ロット数は「約6ロット」、これを3で割ると「約2ロット」になります。これだと、無料利用条件を満たさないので、海外FX業者からVPS利用料を請求されてしまいます。

例②:1ヶ月で5万円稼ぐのに何ロット取引したのか

取引ロット数 取引回数 損益
0.62 47回 +49,415円

1か月間の取引ロット数は「0.62」
1ロットすら取引していません。これならば、自分で格安VPSを契約したほうが安くつきます。

メモリ容量 VPS料金
XMTrading 1GBプラン $28 (3,226円)
Time4VPS 2GBプラン €1.99 (260円)

自身のトレードにおける、取引ロット数を知ることが重要。この取引ロット数がわからない初心者には、このタイプの無料VPSはおすすめできません。

ここまでで、現実的な「取引ロット数」が伝わったのではないでしょうか。

よくある質問②:取引サイズを大きくすればいいのでは?
回答:それも、筆者はオススメしません。

実際に取引したら、
こんな結果になりました…涙

【大損】サンクコストの落とし穴→ いらぬ取引は絶対するな!

2019年3月から6月まで、
無料VPSを使用、痛い思いをして学びました。

このときの失敗をいっしょに振り返っていきます。

元をとろうとすると、ゼッタイに元をとれない

元をとろうとすると、ゼッタイに元をとれない
2019年3月から6月まで、TTCM(TradersTrust)の無料VPSを使っていました
取引ロット数 損益
2019年3月 21.70ロット -75,875円
2019年4月 16.87ロット -46,970
2019年5月 10.19ロット +135,778円
2019年6月 5.71ロット -204,174

結果は4か月で「マイナス18万円」ほど。
実力と言ってしまえば、それまでなのですが、、、

先ほど紹介した取引結果と比べて、大きな違いがあるのに気がつきましたか?

2021年11月~12月にかけてトレード結果
取引ロット数 取引回数 損益
0.62 47回 +49,415円

取引ロット数が少ないのに、利益になっています。

あたりまえ:利益も大きくなるが、損失も大きくなる

あたりまえ:利益も大きくなるが、それ以上に損失も多くなる
このまま利益を稼ぎ続けるかと思えたが、たまたま運が良いだけだった

少し考えれば、誰でもわかるコト。
取引サイズを増やせば「利益」も増えるが「損失」も増える。

ただ、それだけでした。
なぜ、自分は取引ロット数を増やしてしまったのか、、、
無料VPSの利用で発生した、負のスパイラル
無料VPSの利用条件のため、取引ロット数が必要

EAの調子が悪くても、取引しようとする

EAの調子が悪いので利益が出ない

取引ロット数を稼ぐため、ロット数を増やす

EAの調子が悪い+取引ロット数多い=大損失発生

心理学でいうところの「サンクコスト」が、頭の中に発生していました。

サンクコスト

英語表記はsunk cost。既に投資した事業から撤退しても回収できないコストのことで、埋没費用ともいう。それまでに費やした労力やお金、時間などを惜しんで、それが今後の意思決定に影響を与えることを、サンクコスト効果と呼ぶ。
出典:野村証券公式サイト

つまり、無料VPSの利用条件を達成することを無意識に目標としてしまう。それを基準に「取引サイズ」「EAの稼働」を決定。本来ならば、利益が出るかを基準に決めるべきです。

「無料VPS」を使うことにより「サンクコスト」の影響を受け「必要のない取引」をした。そして、、、残念な結果に( ;∀;)

いま振り返ってみれば、間違いなくさけることのできた損失。

この1件以来、無料VPSの利用を中止。
「心理面の影響」は「VPSのコスト」より大きいことを学びました。

他人の失敗から学ぶこと→ トレーダーの基本です

・サンクコストの影響を受け
・無料VPSの利用条件が目標化
・必要のないトレードをしてしまう…

心理面への影響は、アナタが考えるよりも大きい。
有料VPSの年間利用料を、はるかに上回る損失となる可能性もあります。

有名なアメリカ人もこう言っています

自分の失敗から学ぶことは、良いことだ。他人の失敗からも学ぶことは、さらに良いことだ。
It’s good to learn from your mistakes. It’s better to learn from other people’s mistakes.

-ウォーレン・バフェット(アメリカの投資家)

無料VPSを使うなら、
「口座残高」のみが利用条件となっているものを選ぶ。
2022年5月時点「GEMFOREX」「Exness」の2社のみ。

今回は以上です。
無料VPSは一定額の入金だけで使えるのがメリット。
FX自動売買と相性のいい、アナタに合ったFX業者を選んでくださいね(^_-)-☆

利用条件が「口座残高」のみの無料VPS
  • GEMFOREX:無料VPSと無料EAが使い放題、さらにボーナスキャンペーンも豊富
  • Exness:無料VPSは口座残高500ドルから、無制限レバレッジも好評