【2020】海外FXでつかえる無料VPSオススメ3選【投資歴13年が解説】

無料・格安VPS
海外FXでXM以外の無料VPSを探している人「海外FX業者で使える無料VPSを探しています。XMは口座残高が5000ドル以上なので、もっと少ない金額でも利用できる海外FX業者はないのかなぁ。そもそも、無料VPSと有料VPSのどっちがいいの」

こういう疑問に答えます。

本記事の内容
  • 海外FXでは無料VPSと有料VPS – どっちがいいの
  • 海外FX – TradersTrus【口座残高2000ドルから使えるVPS】
  • 海外FX – FBS【口座残高450ドルから使えるVPS】
  • 海外FX – Exness【口座残高500ドルから使えるVPS】
  • その他の無料VPSを提供している海外FX業者

この記事を書いている筆者は投資歴13年で、現在は投資収益のみで生活中。
海外FX業者の無料VPSサービスを以前使っていました。ぶっちゃけ大満足でした。

現在、利用していない理由は、資金を分散したこと、そして1口座あたりの取引ロット数が減ったため、無料VPSを利用できる条件を満たさなくなったからです。

XMの無料VPS利用条件は口座残高5000ドル以上からですが、それより条件が緩い海外FX業者を紹介していきます。

※FX自動売買をこれから始めるなら、無料EAサイトか、無条件返金保証がある海外製EAが良いかなと思います。理由は「最強の無料EAサイト選び方+おすすめ3選」と「海外で人気のFX自動売買ツール(EA)おすすめ3選」で解説しています。

XM以外の無料VPSが使える海外FX業者

海外FXでは無料VPSと有料VPS – どっちがいいの

VPSサーバーは、MT4でFX自動売買をするために利用します。
FX自動売買で稼働するEAにはつぎの特徴があります。

  • EAには寿命がある:いつまで稼働できるか不明
  • 複数稼働が基本:資金を分散させる必要
  • 突然の口座破綻リスクがある:1口座に資金集中は危険

そのため、下記のような運用手法が必要になります。

複数口座を使い分け、資金を分散することでリスクを下げる

そうすると、おのずと1口座あたりの口座残高が少なくなり、1口座あたりの取引ロット数も少なくなります。

筆者も実際に無料VPSを使った期間は2カ月間でした。分散してリスクをコントロールするためには使い勝手が悪いと感じたからです。

しかし、格安VPSを使えば月あたりのコストは700円程度。

毎月700円以上は高いのか、安いのか、、、

海外FXキャッシュバックサイトでの、1ロットあたりのキャッシュバック金額は500円から800円程度。FX自動売買のEAが月1ロット取引すれば相殺されます。

このあたりは個人の判断になりますが、無料VPSでFX自動売買に慣れたら、有料VPSを1年単位で契約するという流れでいいのかなと思います。

※格安VPSについてはは「投資歴13年の筆者がおすすめする格安VPS3社」で解説しています。

オススメ海外VPSのレビュー記事

【コラム】FX自動売買用のVPS – Beeks

Beeksは、FX自動売買用のVPSとして、全世界で最も有名な業者といってもいいかもしれません。

最大の特徴はVPSサーバーがFX会社のほとんどが自社のサーバーを置くEQINIX社のサーバー内にあるということです。おのずとレイテンシーは物理的距離に比例しますので最小となります。

実際に筆者がEAを稼働していた際はレイテンシーは1m/s以下でした。スキャルピングEAを大きめのロットで動かしたい場合は必須のVPSとも言えます。

メリット
・VPSサーバーが各ロケーションのEQINIX社のサーバー内にあるのでレイテンシーは最小
デメリット
料金が高い

Beeksのスペック

月額料金月額料金27ポンド(3510円 ポンド円レート130円換算)
メモリ1300MB
ディスク容量SSD 25GB
ロケーションニューヨーク、ロンドン、アムステルダムなど

海外FX – TradersTrus【口座残高2000ドルから使えるVPS】

無料VPSが利用できる海外FX業者 -TradersTrust-

今年で設立10周年を迎える、海外FX業者です。バミューダ共和国の金融ライセンスを取得しています。また、設立10周年の今年は年間を通じて100%入金ボーナスを行っています。
個人的なおすすめ度  ★★★★★

2019年にTradersTrustの無料VPSを利用しました。

仕組みとしてはBeeks社のVPSをサイトを通じて申し込むと、毎月の利用額がMT4アカウントに入金されるというものでした。なので、いったんBeeks社からクレジットカード会社に請求が行き引き落としが行われることになります。

Beeks社のVPSサーバーは、世界中のFX業者がサーバーを置くEqinix社のサーバーを利用しており、間違いなく世界最速の取引環境を構築することができます
» TradersTrust | 口座残高2000ドルから使える無料VPSはこちら

海外FXで無料VPSを利用できる条件

海外FX業者[TradersTrust] VPSの利用条件
プランブロンズシルバーゴールド
口座残高2000ドル以上3000ドル以上5000ドル以上
最低ロット/月5ロット以上7ロット以上10ロット以上

無料にてご利用頂けるお客様の条件一覧

ブロンズ・パッケージ
無料
新規・既存のお客様共にご利用頂けます。
口座残高2,000ドル以上のお客様
最低5ロット(往復)取引/月

シルバー・パッケージ
無料
新規・既存のお客様共にご利用頂けます。
口座残高3,000ドル以上のお客様
最低7ロット(往復)取引/月

コールド・パッケージ
無料
新規・既存のお客様共にご利用頂けます。
口座残高5,000ドル以上のお客様
最低10ロット(往復)取引/月

引用元:TradersTrust公式サイト

海外FXで使える無料VPSのスペック

海外FX業者[TradersTrust] VPSのスペック
ブロンズシルバーゴールド
RAM1300 MB2700 MB5120 MB
CPU1 VCPU2 VCPU4 CPU
ディスク容量25 GB50 GB75 GB
システムWindows2012 / Windows 2008 / Linux ServersWindows2012 / Windows 2008 / Linux ServersWindows2012 / Windows 2008 / Linux Servers
VPSサービス提供Beeks社Beeks社Beeks社

海外FX – FBS【口座残高450ドルから使えるVPS】

無料VPSが利用できる海外FX業者 -FBS-

世界190カ国で活動するグローバルな海外FX業者です。現在、1500万人を上回るトレーダーに利用されています。また、業界最高水準3000倍のレバレッジでの取引を行うことができます。
個人的なおすすめ度  ★★★★

FBSの無料VPSは、口座残高450ドルで利用することができ、無料VPSを利用できる海外FX業者の中では、最も緩い条件となっております。

以前、FBSに詳細を問い合わせたことがあります。しかし、サーバーのロケーションについては、ヨーロッパにVPSサーバーがあるということ以外は非公開とのことでした。

FBSのトレード用のサーバーはアムステルダムにあることから、VPSサーバーもアムステルダムにあるのではないかと推測しています。
» FBS | 口座残高450ドルから使える無料VPSはこちら

海外FXで無料VPSを利用できる条件

海外FX業者[FBS] VPSの利用条件
必要入金額
口座残高450ドル以上
最低ロット数/月3ロット以上

VPSサーバー利用規約
お客様専用のVPSサーバーを利用するためには、次の条件を満たしている必要があります:
A.2016年11月9日から、少なくとも$450以上の1回のご入金、
B.個人エリアで、「サーバーの設定」ボタンをクリックしてサービスの利用申請
サービスは利用開始から一ヶ月は無料でご利用いただけます。
サービスのご利用から2か月目からは、前月に3ロット以上のお取引により無料でご利用いただけます。(「セント」口座での1ロットは、0.01スタンダードロット)株式の取引を行う場合(MetaTrader5でのみ利用可能)、1ロットが0.1の標準ロットであることにご注意ください。
ECN口座の取引ロットは、上記条件のロットに加算されません。
前月に取引されたロットが3ロットより少ない場合、翌月よりサーバーのセットアップ料金としてお客様によって指定された取引口座より$33が引き落とされます。この料金がお客様の取引口座か引き落としできず、取引量も条件を満たしていない場合は、サービスはキャンセルされます。
例:お客様が450ドルの入金を行い、2016年11月9日から2016年12月9日の期間内にVPSサーバーを設定するとサービスは無料で提供されます。2016年12月9日から2017年1月9日の期間にサービスを無料で利用するためには、2016年11月9日から2016年12月9日の期間に最低3ロットを取引しなければいけません。2016年11月9日から2016年12月9日の期間内のお客様の取引が3ロットより少なかった場合、2016年12月10日に指定口座から利用料の$33が差し引かれます。
顧客の口座にお金がない場合、FBSは顧客の他の既存の口座から手数料を引き出す権利を有します。
お客様は、個人エリア内のサービスページより「サーバーのキャンセル」ボタンをクリックすることで、いつでもサービスをキャンセルすることができます。サービスのキャンセルした場合、その月の残りの期間分は日割り計算されません。
一度VPSを有効化した後にキャンセルした場合、次に再び有効化する際に$450+のデポジットが必要となります。

引用元:FBS公式サイト

海外FXで使える無料VPSのスペック

海外FX業者[FBS] VPSのスペック
スペック
RAM
CPU
ディスク容量
システム
ロケーション

海外FX – Exness【口座残高500ドルから使えるVPS】

無料VPSが利用できる海外FX業者 -Exness-

2008年に設立された海外FX業者。現在、月間取引高は3,258億ドルを上回り、取引を行うトレーダー数は72,721人を上回ります。Exnessはセイシェル共和国の金融ライセンスを取得しています。
個人的なおすすめ度  ★★★

Exnessは日本ではなじみの少ない海外FX業者になります。こちらは500ドル以上の口座残高で無料VPSを利用することができます。

しかし、VPSサーバー内のWindowsリモートデスクトップにソフトウェアをインストールできないとなっています。これは、おそらくExnessのトレード用MT4以外は利用できないということになります。
» Exness | 口座残高500ドルから使える無料VPSはこちら

海外FXで無料VPSを利用する条件

海外FX業者[Exness] VPSの利用条件
必要入金額
口座残高500ドル以上
最低ロット数/月

VPSホスティングの利用方法

VPSホスティングで取引を行うには、500USD以上または別通貨で同等額の入金実績が必要です。また、リモートターミナルにソフトウェアを個別にインストールすることはできません。 VPSホスティングで取引を行うには、support@exness.comにリクエストを送信するか、ライブチャットでお問い合わせください。

引用元:Exness公式サイト

海外FXで使える無料VPSのスペック

海外FX業者[Exness] VPSのスペック
スペック
RAM
CPU
ディスク容量
システム
VPSサービス提供
※リモートターミナルにソフトウェアを個別にインストールすることはできません

その他の無料VPSを提供している海外FX業者

下記の海外FX業者も、利用条件を満たせば無料でVPSサービスを提供しています。
気になる海外FX業者があったら、確認してみてください。

  • MiltonMarkets:口座残高500ドル以上、2ロット取引/月
  • FXOpen:口座残高5000ドル以上、10ロット取引/月
  • HotForex:口座残高5000ドル以上、5ロット取引/月
  • XM:口座残高5000ドル以上、5ロット取引/月
  • GEMFOREX:口座残高5000ドル以上
  • IronFX:口座残高5000ドル以上、5ロット取引/月
  • ThinkMarkets:15ロット取引/月

1.無料VPSが利用できる海外FX業者 -MiltonMarkets-

2015年に設立された、最大800倍レバレッジの海外FX業者。24時間体制の日本語カスタマーサポートがあり、ライブチャット、LINE、そしてEメールで対応しています。
個人的なおすすめ度  ★★★

MiltonMarketsは比較的新しい海外FX業者になります。

無料VPSのスペック詳細は分かりませんでしたが、MiltonMarketsのトレードサーバーはニューヨークにあることから、VPSサーバーもニューヨークにあるのではと推測しています。また無料VPS利用条件も口座残高5万円、毎月2ロットと緩いので、とても維持しやすくなっています。

しかし、MiltonMarketsにはEAを使ったFX自動売買に適している、ECN口座がないので注意が必要です。

海外FXで無料VPSを利用できる条件

[MiltonMarkets] 無料VPSの利用条件
必要入金額
口座残高5万円(500ドル)以上
最低ロット数/月2ロット以上

パソコン上でMT4ご利用いただくのと同じ操作方法で、ミルトンVPS上のMT4をご利用いただけます。 通常のMT4操作方法と変わりはありません。

ミルトンマーケッツでは、口座を開設し下記の条件を満たしているお客様に無料で提供させいただいております。

     申請時の口座残高が5万円($500)以上

     一ヶ月間に合計2ロット以上の取引を完了させる

※1ヶ月間の合計取引数量が2ロットに満たしていない場合は、継続してVPSサーバーをご利用いただくためにVPS使用料金として2000円(20ドル)を登録取引口座から差し引かせていただきます。(使用料金に満たない口座残高の口座からは口座残高分のみを差し引かせていただくと共に、VPSサーバーをキャンセルさせていただきます。)
※VPSサーバー使用料金の徴収処理は、各月初め1週間以内に行わせていただきます。
※取引を停止される場合は、必ずVPSキャンセルのご依頼を弊社サポート宛にメールにてご連絡賜りますようお願いいたします。
※VPSキャンセルをご依頼の際、1ヶ月間の合計取引数量が2ロットに満たしていない場合は1日につき100円(1ドル)の手数料が発生いたします。例:VPSに加入して15日後にVPSをキャンセルを行った場合は1日につき100円の(15日×100=1500円)の手数料が発生いたたします。20日以降のキャンセル料金は一律2000円です。
※登録口座にて3ヶ月間取引が無かった場合はキャンセルさせて頂きます。
(オープンポジションがございましたらキャンセル致しません。)
※1ヶ月間の合計取引数量が2ロットを超える場合は、無料にてVPSサーバーを継続利用いただけます。

引用元:VPSのご紹介

2.無料VPSが利用できる海外FX業者 -FXOpen-

2003年に設立された海外FX業者。イギリスとオーストラリアの金融ライセンスを取得しているが、日本人が口座開設できるのはネイビスの金融ライセンスを取得しているグループ会社になります。

個人的なおすすめ度  ★

FXOpenは海外でFX自動売買をしている方がよく使っている海外FX業者です。

利用経験はないのですが、myfxbookなどでフォワード結果を見ていると、よく出てくる業者なので、とても気になっています。

しかし、無料VPSの利用条件はすこし厳しめです。

海外FXで無料VPSを利用できる条件

[FXOpen] 無料VPSの利用条件
必要入金額
口座残高5000ドル以上
最低ロット数/月10ロット以上
※口座残高か最低ロット数/月のどちらか一つ

FXOpen無料の外国為替VPSを申請できるのは誰ですか?
以下の場合、FXOpen Forex VPSを1か月間無料で使用できます。

月末にアカウントで5000米ドルの口座残高を維持している。
または、1か月あたり10,000,000米ドル(10ロット)の取引量ある。

Who can apply for FXOpen free Forex VPS?
You can use FXOpen Forex VPS for free during 1 month if you:

maintain equity of USD 5000 in your accounts at the end of the month;
or have traded volumes of USD 10,000,000 (per calendar month).

引用元:Forex VPS

3.無料VPSが利用できる海外FX業者 -HotForex-

最大1000倍のレバレッジ、27カ国以上の言語でサポートを行っている海外FX業者です。入金ボーナスも行っています。

個人的なおすすめ度  ★

無料VPSのハードルは高めで口座残高5000ドル以上からとなっています。また、注意点としては口座残高5000ドル以上というのは、1回の入金額が条件となっています。

なので、2500ドルを2回に分けて入金した場合は対象とならないのでご注意ください。

海外FXで無料VPSを利用できる条件

[HotForex] 無料VPSの利用条件
プランブロンズシルバーゴールド
口座残高5000ドル以上8000ドル以上15000ドル以上
最低ロット/月5ロット以上8ロット以上15ロット以上

HotForex VPS プランは、入金および取引に関する指定要件を満たす場合、無料で提供されます。有料での登録は、選択プランに応じて月額 30ドルからとなります。お申し込みは簡単です!以下のパッケージから選択し、「myHF へのログイン」をクリックして、サービスをアクティベートしてください!

引用元:HotForex VPSホスティング

4.無料VPSが利用できる海外FX業者 -XM-

セーシェルの金融ライセンスを取得しています。日本で最も有名な海外FX業者です。特徴は完全な日本語サポートと日本語ユーザーページです。ほぼ日本のFX業者と変わらないでしょう。

個人的なおすすめ度  ★

無料VPSの利用条件は5000ドル以上でと高めで、ECN口座の手数料も若干高めなので、あえて選ぶ必要はないでしょう。

海外FXで無料VPSを利用できる条件

[XM] 無料VPSの利用条件
プランブロンズ
口座残高5000ドル以上
最低ロット/月5ロット以上

最低(有効証拠金 – クレジットにて)USD 5,000もしくはその他の通貨相当額が口座にあり、一か月に最低5往復ロットもしくは500往復マイクロロットのお取引があるお客様は、会員ページからいつでも無料のVPSをお申込みいただけます。無料VPSをご利用いただけるかどうかを審査する際、同じEメールアドレスを用いてご登録いただいているお客様の他の取引口座も合算して計算いたします。

上記の要因を満たさないお客様も、会員ページからXMTrading VPSにお申込みいただければ、毎月1日に MT4/MT5口座から自動的に引き落とされる28ドルのご負担で同サービスをご利用いただけます。

引用元:XMTRADING MT4 バーチャル・プライベート・サーバ(VPS)

5.無料VPSが利用できる海外FX業者 -GEMFOREX-

2010年に設立された、FX自動売買ソフト(EA)の無料提供サービスを開始。海外FX業者。本社はニュージーランドにあり、サポートセンターはベトナムにあります。日本人スタッフによる日本語サポートを行っています。

個人的なおすすめ度  ★

無料VPSの利用条件は50万円以上の口座残高と高めです。GEM-TradeのEAを使ってFX自動売買を行う方以外は必要ないでしょう。

海外FXで無料VPSを利用できる条件

[GEMFOREX] 無料VPSの利用条件
必要入金額
口座残高50万円(5000ドル)以上
最低ロット数/月
最低口座残高500,000円(5,000USD)以上

※ボーナス額は含まれません。
※VPS無料サービスのご利用にあたり、同じメールアドレスでご登録された他の取引口座も合算して計算致します。

※当サービスの利用条件は、毎月6日12時(非営業日の場合は翌営業日)に処理させて頂きます。
※上記の条件を満たさないお客様でも、月々$28の手数料でGemForex MT4 VPS サービスをお申込み頂けます。手数料は毎月第一営業日にMT4口座から自動で引き落とされます。円建て口座の場合、当日のレートにて円換算となります。

引用元:GEMFOREXのMT4(MetaTrader4)VPS無料サービス

6.無料VPSが利用できる海外FX業者 -IronFX-

最大1000倍のレバレッジ、日本語カスタマーサポートがある、グローバルに展開する海外FX業者です。また豪華な入金ボーナスもあり多くのトレーダーに選ばれています。英領バミューダの金融ライセンスを取得しています。

個人的なおすすめ度  ★

無料VPSの利用条件は口座残高5000ドル以上と高めです。

海外FXで無料VPSを利用できる条件

[IronFX] 無料VPSの利用条件
必要入金額
口座残高5000ドル以上
最低ロット数/月5ロット以上

7.無料VPSが利用できる海外FX業者 -ThinkMarkets-

2009年設立のオーストラリアの海外FX業者です。日本在住者は現在、口座開設ができません。

個人的なおすすめ度  ★

口座開設できるのが海外在住者のみとなりますが、無料VPSの利用条件に口座残高がなく毎月の取引ロット数のみとなっています。しかし、15ロット以上と若干多めです。

海外FXで無料VPSを利用できる条件

[ThinkMarkets] 無料VPSの利用条件
必要入金額
口座残高
最低ロット数/月15ロット以上

 

今回は以上です。
海外FX業者の無料VPSサービスをうまく利用してFX自動売買の第一歩を踏み出しましょう。

XM以外の無料VPSが使える海外FX業者

Comment