【ドラマ】海外EAでFX自動売買したら、詐欺ではなくバブルに遭遇した。

EAレビュー
  • 2019年→ 海外EAでFX自動売買したら、バブルに遭遇した
  • 2020年→ 海外EAを動かし続けても、努力は報われなかった
  • 2021年→ コツをつかんだら、資金を倍にすることができた
  • 2022年→ 真実を確かめるため、入金額を増やすことにした

海外EAを動かした実績です。

筆者は、投資歴16年目のガチトレーダー。
そのうち10年は専業投資家として投資収益だけで生活。2019年から、取引の自動化に取り組み、FX自動売買でも稼げるようになってきました。

本記事の内容
  • リアル口座での運用結果をもとに、完全初心者のために書かれた記事です。

「リアル口座=損失でお金を失います」
この記事は「理屈や論理」ではなく「現実(ドラマ)」なので、初心者でも理解しやすいはず。海外EAに関して、分かりやすく解説していきますので、3分ほどお付き合いください。

実際に動かしている優秀な海外EA2つ【2022年5月】

以下の海外EAです。

筆者が動かしている海外EA2つ

選んだ理由を見ていきます。

「稼働期間の長さ」です

どんなに過去の成績が素晴らしかろうが、どんなに利回りがいいと言われても、実際の結果が微妙だったら意味ないですよね。要するに、良いEA or 悪いEAは長期間稼働できるのかの問題で、最終的な判断はあなた自身が行います。

気になった海外EAはたくさんありましたが、最終的に購入したのはほんの一部。その理由は稼働期間が短かったからです。

いくら稼げるかではなく、長期間稼働できるかで選ぶのが大切

海外EAを選ぶ際「よし、成績を細かく見て・・・!いいEAを選ぶぞ」って気持ちになりますが、これは半分正解で半分不正解です。

なぜなら、公開されているすべてのEAは販売目的なので、見た目がいいものばかりだから。

当たり前ですが、販売側からしたら、成績が悪いものを公開しても、それって意味ないですよね。そんな事しても、誰も購入しませんから。

2019年→ 海外EAでFX自動売買したら、バブルに遭遇した

当初「バブル」を起こしたのは、
Volatility Factor 2.0 Pro』という海外EA。

FXAutomater社が開発・販売。
10年以上の販売実績があり、信頼性は業界随一。同社のEAの中から、良さげなものをピックアップして購入。なんで、あっさり購入したかというと。それは「60日間無条件返金保証制度」の存在。

なので「ダメだったら返金すればいいや」ということで購入。そして、この『Volatility Factor 2.0 Pro』以外は返金申請。実際に全額返金してもらいました。

悲報①:超ビギナーズラックでした…涙

悲報①:超ビギナーズラックでした…涙
2019年末まで『Volatility Factor 2.0 Pro』を動かしていたが、利益になることはなかった
年間損益 最大利益(月間) 最大損失(月間)
+271,255円 +641,462円 -602,555円

「バブル」を経験したあと、再度『Volatility Factor 2.0 Pro』を別口座で動かしました。複数回試したのですが、すべて損失でした。

1年目に学んだこと。
① 大きく利益が増えるときは、大きく損失となる可能性も増えている。
② EAを動かすだけで、稼げるわけではない。

リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。
Risk comes from not knowing what you’re doing.

-ウォーレン・バフェット(アメリカの投資家)

海外EAの返金保証制度をうまく活用して、経験値を上げよう

海外EAを購入するまえに考えるべきこと。

利益が出なかったときのことを考えましょう。

「さてこれから海外EAで稼ぐってのに、なぜに利益が出なかったときのこと?」って思いますが、大切なことです。

海外EAの返金保証制度

海外EAの返金保証制度
FXAutomater社のEAは、業界最長の「60日間無条件返金保証」つき

自分で稼ぐためには「実際に自分で試す」ことが大切です。
海外製EAでは30~60日間の返金保証制度は一般的であり、事実上無料でEAを利用することができます。

もし、EAが自分に合わないなと感じたら、購入費用はすべて返金してもらえるので、複数のEAを試すことができます。国内製EAにはない、素晴らしい制度です。

最初から利益を出すのは少し難しい
完全不可能ではないですが、、、未経験からすぐに利益を出すのは難しいかなと…。

もしあなたが余裕資金(失っても生活に困らないお金)がたくさんあるのなら、最初から、EAの大人買いもありです。

余裕資金が限られている方は、、、残念ですがいろいろ経験を積んでスキルを身につけましょう。返金保証制度を活用すれば、コツコツ経験の積み上げが可能です。

まずはやってみないと、向き不向き / 好き嫌いが分からないですからね。

2020年→ 海外EAを動かし続けても、努力は報われなかった

Forex Flex EA』は現在も稼働中。
販売歴も長く、30日間の無条件返金保証もついている。スキャルピングからグリッドトレードまで、無数のストラテジーで取引ができます。

パラメーターをいろいろ試してみたのですが、上手くいかない。

数週間は上手くいくのだが、そのあとの損失で利益以上の損失を出す。それをくり返して、だんだんと資金が減っていきました。

悲報②:コツコツドカンをくり返す…涙

悲報②:コツコツドカンをくり返す…涙
『Forex Flex EA』のパラメーター設定を、改善し続けたが利益にはならなかった
年間損益 最大利益(月間) 最大損失(月間)
-127,607円 +41,052円 -63,647円

入金額、取引サイズとも小さくしたので、最終的な損失は小さくすることができました。ただ、具体的にどうすれば利益を残せるのか…。まだ、試行錯誤の段階です。

そして、翌年も続けることにしました。

2年目に学んだこと
① すぐに結果が出るわけではない。
② 利益より損失が大きければ、最終的には損失となる。

誤解を恐れずに言えば、稼いでいる社長は「バカ」か、ものすごい頭のいい人のどちらかで、ほとんどはバカです。バカだからリスクや未来に怯えない。失敗してもすぐ忘れてしまうから何度でも挑戦する。成功するまで挑戦するから、成功者になるのです。

-堀江貴文(ホリエモン)

アナタがEAを動かしても稼げない理由【正しい準備してますか?】

海外EAで稼ぐコツとは何か、、、
結論からいうと、3年目にしてFX自動売買のコツがわかってきました。

  • その①:デモ口座の活用(データ収集)
  • その②:入金ボーナスの利用(利回りの向上)

その①:デモ口座の活用(データ収集)

その①:デモ口座の活用(データ収集)
動かしているMT4は20数台、稼働中のEAは100~200ほど

どのEAでも同じなのですが、デフォルト設定のまま動かしても利益を出し続けることは難しい。パラメータ設定をカスタマイズして改善し続ける必要があります。

デモ口座で動かす

損失 or 利益

パラメータ設定を修正

損失ならデモ口座で動かす
利益ならリアル口座で動かす

損失 or 利益

パラメータ設定を修正

損失ならデモ口座で動かす
利益ならリアル口座で動かす

この繰り返しが、とても重要。
つまり、このサイクルを回し続けるのが、FX自動売買。この作業を多くすれば、よいデータが集まり、それを元にしてEAを動かせば、利益となる可能性が上がります。

その②:入金ボーナスの利用(利回りの向上)

その②:入金ボーナスの利用(利回りの向上)
GEMFOREXの入金ボーナスは、業界最高の上限「500万円」まで

なぜ「100%入金ボーナス」のある海外FX業者を使うのか?

計算式を見れば簡単。
使うだけで利回りが「2倍」になるから。
入金ボーナスを利用した場合
  • 証拠金:10万円(入金額:5万円+100%入金ボーナス:5万円)
  • 証拠金を使って稼いだ利益:5万円
  • 利回り計算:「利益:5万円」÷「入金額:5万円」× 100 = 100%
入金ボーナスを利用しない場合
  • 証拠金:10万円(入金額:10万円
  • 証拠金を使って稼いだ利益:5万円
  • 利回り計算:「利益:5万円」÷「入金額:10万円」× 100 = 50%

ここからわかるのは、証拠金は「10万円」と同じなのに、入金額は「5万円」「10万円」とちがうこと。この差が利回りに2倍の差を生み出しています。

そして『100%入金ボーナス』を使いはじめたら、こんな結果になりました。

2021年→ コツをつかんだら、海外EAで資金を倍にできた

新たな海外EA『Grid Master Pro』を追加。
現在は、有料なのですが、当時は無料だったので試しに動かしてみることにしました。

現在も『Grid Master Pro』を稼働中。
EA業界のレジェンドFXautomator。同社が販売するグリッド型EA。適切な入金額と取引ロット数で使用すれば、安定した利益を生み出す一方、特定の状況では、口座破綻に直結。しかし、パラメータ設定の調整で改善の余地あり。

結果として『Forex Flex EA』と『Grid Master Pro』で計4回、口座残高を2倍以上にすることに成功。やっと、コツらしきものを掴んできたのかなと。

悲報③:口座破綻は回避できませんでした…涙

結果として『Forex Flex EA』と『Grid Master Pro』で計4回、口座残高を2倍以上にすることに成功。
『Forex Flex EA』と『Grid Master Pro』をメインに取引しています
年間損益 最大利益(月間) 最大損失(月間)
+101,748円 +161,434円 -169,901円
数回、資金を倍にすることができました。
それと同時に口座破綻も発生。最終的に利益が残ったのは、損失の半分を入金ボーナスで相殺できたおかげ。なかったら、マイナスでした。
3年目に学んだこと
① 動かしたデモ口座の数が、トレードの質に変わる
② 入金ボーナスが、最終的な利回りを向上させる
③ 相場急変時の口座破綻は回避できない。

準備をしないことによって、失敗する準備をしているのだ。
By failing to prepare, you are preparing to fail.

-ベンジャミン・フランクリン(アメリカの政治家、著述家)

3年で学んだこと→ FX自動売買の法則【失敗9割・学び10割・利益1割】

2022年→ 真実を確かめるため、入金額を増やすことにした

3年間で学んだことを結果に結びつけるため、証拠金を増やしました。

・2021年:10万円(5万円+入金ボーナス5万円)
・2022年:180万円(60万円+入金ボーナス120万円)
運用結果はリアルタイムで公開しています

  • デモ口座でEAを動かしデータ収集
  • うまくいった方法をリアル口座に反映
  • 入金ボーナスを利用し利回りを上げ
  • 口座破綻を前提として動かす

これが、現在の最適解かなと。
2022年は、この仮説が機能するのか?実証実験の年です。

明日でいいやと思い出したら、あなたは何も学んでいない。

-とある賢人の言葉

まずは動いてみないと何も変わりません

海外EAでFX自動売買を始めるタイミングはいつか?その答えは、今すぐ行動が一番の正解です。

最初は利益が出ずに少しハードかもしれませんが、より良い経験を積むためには、すこし歯を食いしばることも大切です。

まずは行動 → そして、動きつつ考えましょう。

無条件返金保証もあるので、うまくいかなければ返金するだけ。どの海外EAも購入手続きは5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

筆者が動かしている海外EA2つ
筆者が利用中の入金ボーナス2つ