【激論】ABLENET[エイブルネット] のVPSについて考えてみた【トレーダー目線】

格安VPS
MT4用のVPSを探している人「ABLENETのレビューを知りたい。MT4用のVPSとしてはビミョーって聞いたけど、、、果たして本当なのか? ABLENETのメリット・デメリットから実際の使い方まで見てみたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • ABLENET[エイブルネット]が大変なコトになっています
  • ABLENETのVPSを利用するメリットデメリット
  • MT4用VPSの選び方って?必ず見るべきポイント3つを解説
  • ABLENETをつかう3つの手順【簡単すぎです】

この記事を書いている筆者は、FX自動売買をメインに運用中。

VPSサーバーも複数社契約し、MT4を常時10台以上動かしています。そんな筆者が、本記事では『ABLENET[エイブルネット]』のメリットとデメリットをレビュー。

トレーダー目線で問題点も包み隠さずにお話します。これからMT4でFX自動売買を始めたいって方は是非、じっくりとご覧ください。

※お知らせ:2021年4月8日(木)17:00~
はじめてのVPSならABLENETがいいかもしれません。10日間の無料お試し期間があるので、これを使ってVPSの設定に慣れる。今なら1,375円/月から利用可能。
» [期間限定] 利用料割引+メモリ増量!キャンペーン実施中

ABLENET[エイブルネット]が大変なコトになっています

ABLENET[エイブルネット]が大変なコトになっています

ABLENETについて、こんな情報を発見しました。

  • 初期費用無料
  • 利用料割引
  • メモリ増量(1.5倍)

キャンペーン期間は、2021年4月8日からで終了日は未定。対象プランについては「Win1・Win2(HDD/SSD)」となっています。

一体どのくらいオトクになるかというと、
・本来かかるはず初期費用(4,070円→無料)
・年払いの通常料金が大幅割引(27,407円→21,780円)
・合計すると(4,070円+5,627円=9,697円)

ABLENET[エイブルネット]が大変なコトになっています

ABLENET[エイブルネット]が約1万円オトクになるキャンペーン実施中。メモリ3GBで月あたり1,815円は、お名前.comのメモリ2.5GBで月あたり1,793円のプランと比較してもお得感ありです。

ABLENET[エイブルネット]のVPSを利用するメリットとデメリット

ABLENET[エイブルネット]のVPSを利用するメリットとデメリット

まずはメリットとデメリットを比較していきましょう。

メリット
  • 使い方は簡単
  • 評判は悪くはない
  • 接続できないときの安心サポート
デメリット
  • 海外のVPS会社よりは割高
  • VPSサーバーロケーションは日本国内のみ

メリット①:使い方は簡単

ABLENET[エイブルネット]のVPS設定は簡単です。
ユーザーページ上での操作はオンオフのみ。

VPSサーバーへのログインは、VPS会社を問わず基本的に同じ使い方になります。とくにWindowsリモートデスクトップはマイクロソフトの作ったツール。なので、ほぼ同じやり方で設定、ともかく簡単です。

メリット②:評判は悪くはない

ABLENETの利用者は、ネット上で確認できます。
なので一定数以上の利用者がおり、突然サービス停止というリスクは少なそうです。

ABLENETの利用者は多い

メリット③:接続できないときの安心サポート

VPSサーバーが、はじめての人は設定できるか不安な人も多いはず。そんなときに頼れるのはVPS会社のサポート。

ABLENET[エイブルネット]のVPSでは、以下の方法でサポートを提供しています。

VPSサービスをご利用中のお客様へ
ABLENET®のサービスをご利用中のお客様は、以下の何れかの方法でお問い合わせください。

1.ABLEパネルのお問い合わせからお問合わせください。
2.登録メールアドレスから vsupport@ablenet.jp までお問合わせください。

「サポートへ質問フォーム」「登録メールアドレス」外からのお問合わせはお客様のご契約が特定出来ない為、正確な回答が出来なかったり、ご質問内容によってはセキュリティ上、受付け・回答が出来ない場合が多くございます。

出典:VPSのお問い合わせ|ABLENET® のVPS

ただ、実際にサポートが必要になる人は、ほとんどいないかなと、、、
なぜなら、VPSサーバーにログインするのは、Googleアカウントにログインするのと同じくらい簡単です。

ABLENETの公式サイトにも手順が公開されており、読んでみましたが、とても分かりやすい内容でした。24時間対応の電話サポートなど、必要性ないのかもしれません。

デメリット①:海外のVPS会社よりは割高

VPSサービスは、日本国内だけでなく世界中の企業が提供しています。コスパ面を比較してみると、どうなるのでしょうか。

メモリ容量月あたり
ABLENET Win11.5GB1,350円
WIN-VPS.com2.0GB1,006円(9.16ドル)

間違いなく海外VPSのほうがコスパ高。

ABLENETを含むVPSサービスは、日本国内・海外を問わず基本的には同じ使い方。とくにWindowsリモートデスクトップはマイクロソフトの作ったツールなので同じやり方で設定していくことになります。

ただし海外VPSは、100%英語になります。シンプルな英語で慣れれば問題はありません。しかし、少しでも不安のある方は完全日本語の『ABLENET』を1か月だけ利用してみてください。設定の仕方を覚えてから海外VPSに移行するというやる方もアリだと思います。

日本国内のVPSは「ABLENET」がキャンペーンを実施しており、割安なのでオススメです。

デメリット②:VPSサーバーロケーションは日本国内のみ

FX自動売買で有利なトレード環境をつくるためには、レイテンシー(遅延速度)を小さくすることが重要。このレイテンシーは、VPSと海外FX業者のサーバーロケーションの距離によって決まります。つまり、このロケーションが同じ場所ということが大切です。

  • ABLENETのVPSサーバーロケーション:日本国内
  • 国内FX業者のサーバーロケーション:日本国内

このようになっているので、楽天証券やOanda JapanなどでFX自動売買する場合は問題ありません。

そして、この記事を読んでいる人の中には、海外FX業者の利用を考えている人も多いはず。

海外FXでもABLENETのVPSを使ってもいいのでしょうか
  • ABLENETのVPSサーバーロケーション:日本国内
  • 海外FX業者のサーバーロケーション:日本国外がメイン

最適解ではありませんが、MT4は問題なく動きます。しかし、若干不利なトレード環境だということは覚えておきましょう。

海外VPSサービスについては【MT4でFX自動売買】投資歴15年の筆者がおすすめする格安VPS3社で詳しく解説しています。どうぞ、ご覧ください。

MT4用VPSの選び方って?必ず見るべきポイント3つを解説

MT4用VPSを選ぶにあたって、必ず見るべきポイントは次のとおり。

  • その①:VPS会社のサーバーロケーション
  • その②:FX業者のサーバーロケーション
  • その③:動かす予定のMT4の台数

順番に見ていきましょう。

その①:VPS会社のサーバーロケーション

VPSサーバーのロケーションは会社ごとにちがいます。

1か所の場合もあれば、複数から選択できる場合もあります。VPSサーバー選びでは、必ずサーバーロケーションを確認するようにしましょう。利用しているFX業者のサーバーロケーションと同じ場所を選ぶと、トレード環境が改善します。

VPS各社のサーバーロケーション
ロケーションVPS会社
ニューヨークWIN-VPS.com, VirMachなど
ロンドンWIN-VPS.com, VULTRなど
アムステルダムVirMach, VULTRなど
シンガポールVULTRなど
日本国内ABLENET, お名前.comなど

その②:FX業者のサーバーロケーション

FX業者のサーバーロケーションも会社ごとにちがいます。

なので、メインで使うFX業者が決まっている場合は、FX業者とVPSのサーバーロケーションと同じにして、レイテンシー(遅延速度)を最小化。約定能力の高いトレード環境を構築しましょう。

各FX業者のサーバーロケーション
ロケーションFX会社
ニューヨークTitanFX, Axiory, MYFXMarketsなど
ロンドンXM, TradersTrust, Tradeviewなど
アムステルダムFBS, HotForexなど
シンガポールGEMFOREXなど
日本国内楽天証券, Oanda Japanなど

FX自動売買向けの海外FX業者は【2021】海外FXで自動売買にオススメ業者3選【投資歴15年が利用中】で詳しく解説しています。こちらも、ぜひともご覧ください。

その③:動かす予定のMT4の台数

MT4を1台動かすのに必要なメモリはどのくらいなのでしょうか。

現在、メモリ4GBでMT4を7台動かしています。ただ容量はギリギリ、いつ止まってもおかしくない状態。なぜ、このような使い方をしているのかというとデモ口座だから。

現在、メモリ4GBでMT4を7台動かしています

ちなみに、リアル口座のみを動かしているVPSはメモリ10GBで、MT4を5台動かしています。やはり、止まってしまっては困るので、余裕をもって稼働中。

このあたりは、各自の考え方次第なのですが、目安としてメモリ1GBあたりMT4を1台。こんな感じでプランを選んでいけば、間違いはないと思います。

ABLENET[エイブルネット]をつかう3つの手順【簡単すぎです】

ABLENET[エイブルネット]をつかう3つの手順【簡単すぎです】

最後にVPSサーバーをつかう手順を解説します。
といっても、、、めっちゃ簡単です。

  • 手順①:VPSサーバーを契約(1分くらい)
  • 手順②:ユーザーページでVPSサーバーの電源をON
  • 手順③:WindowsリモートデスクトップでVPSサーバーにログイン

たったこれだけ。
まずは1分でVPSの申し込みをしちゃいましょう。
» ABLENET(エイブルネット)でVPSを10日間試してみる

あっ、、、ひとつ大事なこと言い忘れてた

ALBENETでは、最大10日間のお試しが可能です。

ABLENETでは、最大10日間のお試しが可能です。

こんなサービスを他社VPSで見たことはありません。VPSサーバー初心者の人で、使い方がわからず辞めてしまう人が一定数いるのも事実。「お試し期間」や「返金保証」は初心者の味方。

エイブルネット、、、やりますね(;^ω^)

ABLENET(エイブルネット)でVPSを申し込む方法

ABLENET(エイブルネット)でVPSを申し込む方法

公式サイトにアクセスしてから、「申し込む」をクリックするだけ。

口座開設ではクレジットカードが必要です。
10日間のお試し利用でも必要なので、PCの横に準備しておきましょう。もちろん途中でキャンセルも可能、心配はいりません。

契約プランも迷う必要なし。「Win1(1.5GB)」「Win2(3GB)」がキャンペーン中なので、よりお得な「Win2(3GB)」を選んでください。

あとは、MT4を動かしてアナタのお金を増やすだけ。

というわけで、今回は以上です。
VPSサーバーの使い方は簡単なので、是非お試しください!
» ABLENET(エイブルネット)でVPSを10日間試してみる