【初心者向け】VirMachの使い方(登録と設定と解約方法)【画像解説】

VirMachの使い方(登録と設定と解約方法)【画像解説】VirMach
スポンサーリンク

 

VirMachでFX自動売買を始めようと思っている人「VirMachの使い方全般を知りたい。 VPSとかは初めてなので、画像付きでわかりやすく手順解説して欲しいです。 あと、セットで知っておくべき情報も、合わせて教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

この記事を書いている筆者は、専業投資家歴8年で投資収益のみで生活中。
投資ジャンルは、株、FX、先物、オプション、自動売買と多岐にわたり、そのときの相場状況によって使い分けています。

VirMach[バマーク]は世界的に最安クラスのVPSなので、VirMachでFX自動売買を始めたい人も多いはず。

今回の記事では「VirMachの使い方のすべて」を解説します。
初心者でも一回やれば覚えられる内容なので、これを機に始めてみてください。

筆者は、2018年12月にVirMachに登録、現在も利用中です。

スポンサーリンク

VirMachの登録方法【利用を始める】

今回は以下の条件で、VirMachに登録していく前提で解説していきます。(※手順①から手順⑫まで)

  • 契約プラン:SSD 1GB PLUS (RAM 1GB)
  • 契約期間:$50.00USD Price for 12 Months (20% Discount)
  • ディスク容量:35GB SSD $20.00 USD (20% Discount)
  • OS:Windows Server 2012 R2
  • サーバーロケーション:Psicataway, NJ (New York City)
  • 支払い方法:$70をPayPalで決済

手順①:”VPS”から”Cheap Windows VPS”をクリック

[VirMachの使い方]手順①:"VPS"から"Cheap Windows VPS"をクリック

手順②:”Windows Remote Desktop VPS”からプランを選んで”ORDER”をクリック

[VirMachの使い方]手順②:"Windows Remote Desktop VPS"からプランを選んで"ORDER"をクリック

手順③:”Billing Cycle”から契約期間を選びます

[VirMachの使い方]手順③:"Billing Cycle"から契約期間を選びます

手順④:”Deploy Service & customize”でプランの詳細を選択して”Add to Cart”をクリック

[VirMachの使い方]手順④:"Deploy Service & customize"でプランの詳細を選択して"Add to Cart"をクリック

  • Network Speed:”1Gbps”を選びます
  • Select Location:”Piscataway, NJ New York City”を選びます
  • Operating System:”Windows Sever 2012 R2″を選びます
  • Disk Space:”35GB SSD RAID 10″を選びます

手順⑤:”Deploy Service Order Summary”で注文内容を確認して”Checkout”をクリック

[VirMachの使い方]手順⑤:"Deploy Service Order Summary"で注文内容を確認して"Checkout"をクリック

手順⑥:”Deploy Service Checkout”で個人情報と支払方法を入力

[VirMachの使い方]手順⑥:"Deploy Service Checkout"で個人情報と支払方法を入力

記入例
  • First Name:名前
  • Last Name:苗字
  • Email Address:メールアドレス
  • Password:パスワード
  • Confirm Password:パスワードを再入力
  • Phone Number:電話番号(例)+81 0-0000-0000
  • Street Address:住所(例)0-0-0, Nishishinjyuku
  • Country:居住国(例)Japan
  • State/Region:都道府県(例)Tokyo
  • City:区市町村(例)Shinjyuku-ku
  • Zip Code:郵便番号(例)000-0000

手順⑦:「Select Payment Method Below」から支払方法を選択して「Complete Order」をクリック

手順⑧:選択した方法で支払いを済ませたら登録完了です

VirMachから”Your New Premium VPS”という件名でメールが届きます。
Windowリモートデスクトップを利用して、VPSサーバーにログインするための情報が記載されており、あとで使います。

クライアントエリアで電源をオン【VirMachでの設定】

VirMach公式ページのクライアントエリアから、Windowsリモートデスクトップの電源をオンにします。(※手順①から④まで)

手順①:「E-mail」と「Password」を入力して「Client Login」をクリック

[VirMachの使い方]手順①:「E-mail」と「Password」を入力して「Client Login」をクリック

手順②:”Client Area”が開いたら”SERVICES”をクリック

[VirMachの使い方]手順②:"Client Area"が開いたら"SERVICES"をクリック

手順③:”My Products & Services”から申し込んだプランをクリック

[VirMachの使い方]手順③:"My Products & Services"から申し込んだプランをクリック

手順④:”Product Details”から”Boot”をクリック

[VirMachの使い方]手順④:"Product Details"から"Boot"をクリック

これで、Windowsリモートデスクトップの電源が入りましたので、VirMachクライアントエリアでの操作は完了です。

これで、VPSサーバーにログインすることが可能になります。

Windowsリモートデスクトップの設定【VirMachに接続する】

Windowsリモートデスクトップから、VirMachのVPSサーバーにログインしていきます。(※手順①から⑤まで)

手順①:”リモートデスクトップ接続”から”オプションの表示”を開きます

[VirMachの使い方]手順①:"リモートデスクトップ接続"から"オプションの表示"を開きます

手順②:VirMachから届いたメールに記載されているログイン情報を入力して”接続(N)”をクリック

[VirMachの使い方]手順②:VirMachから届いたメールに記載されているログイン情報を入力して"接続(N)"をクリック

  • コンピュータ名(C):Address and port to connect via RDPを入力
  • ユーザー名:Administratorと入力

[VirMachの使い方]手順②:VirMachから届いたメールに記載されているログイン情報を入力して"接続(N)"をクリック

手順③:資格情報として”Password”を入力して”OK”をクリック

[VirMachの使い方]手順③:資格情報として"Password"を入力して"OK"をクリック

手順④:”このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?”と出ますが、無視して”はい(Y)”をクリック

[VirMachの使い方]手順④:"このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?"と出ますが、無視して"はい(Y)"をクリック

手順⑤:Windowsリモートデスクトップにログイン完了、初期画面です

[VirMachの使い方]手順⑤:Windowsリモートデスクトップにログイン完了、初期画面です

これで、VirMachのサーバー設定は完了しました。VPSサーバーを利用する際はセキュリティ対策もきちんとしておくといいです。

VPSサーバーのパスワードの変更【VirMachを安全に使う】

ログインできたら、セキュリティ保護のため定期的にパスワードを変更しておきましょう。(※手順①から⑤まで)

手順①:”Windows”ボタンをクリックして”Control Panel”をクリック

[VirMachの使い方]手順①:"Windows"ボタンをクリックして"Control Panel"をクリック

手順②:”Adjust your computer’s settings”から”User Accounts”をクリック

[VirMachの使い方]手順②:"Adjust your computer's settings"から"User Accounts"をクリック

手順③:”Choose the user you would like to change”から”Administrator”をクリック

[VirMachの使い方]手順③:"Choose the user you would like to change"から"Administrator"をクリック

手順④:”Make changes to Administrator’s account”から”Administrator”をクリック

[VirMachの使い方]手順④:"Make changes to Administrator's account"から"Administrator"をクリック

手順⑤:”Change Administrator’s password”に必要事項を入力して”Change password”をクリック

[VirMachの使い方]手順⑤:"Change Administrator's password"に必要事項を入力して"Change password"をクリック

Current password:初期パスワードを入力
New password:変更するパスワードを入力
Confirm new password:変更したパスワードを再入力

これで、VPSサーバーのパスワード変更は完了です。

VirMachの解約方法【利用をやめる】

VirMach登録した時点では、自動更新の契約となっています。自動更新したくない場合はVirMachのクライアントエリアから簡単に設定ができます。

手順①:VirMachクライアントエリアから”Services”の”My Servicess”をクリック

[VirMachの使い方]手順①:VirMachクライアントエリアから"Services"の"My Servicess"をクリック

手順②:”My Products & Services”の中から解約したいプランをクリック

[VirMachの使い方]手順②:"My Products & Services"の中から解約したいプランをクリック

手順③:”Mnage Product”にある”Request Cancellation”からキャンセルをリクエストします

[VirMachの使い方]手順③:"Mnage Product"にある"Request Cancellation"からキャンセルをリクエストします

手順④:自動更新のキャンセルが完了するとVirMachよりメールが届きます

これで、VirMachの自動更新を解除することができました。

さいごにVirMachを使って、FX自動売買を始めるまえに大切なことがあります。

VirMachでFX自動売買を始めるまえに知っておくべきこと

次の2点です。

  • VirMachのプラン
  • FX業者のサーバーロケーション

VirMachで選ぶべきプラン

VirMachは圧倒的なコスパが魅力です
プランについては、初心者であれば”メモリ1GBプラン”を選んでおけばいいと思います。

メモリ2GB以上は必要、大容量のプランがいいんだけど…

という人はWIN-VPS.comという海外VPS業者ほうがお得になります。

WIN-VPS.comについては【世界最安】WIN-VPS.comをレビューする【メモリ2GBで8ドルから】で解説しています。

【世界最安】WIN-VPS.comをレビューする【メモリ2GBで8ドルから】
FX自動売買用のVPSサーバーを探している人「海外VPSサーバーWin-VPS.comのレビューを知りたい。 FX自動売買用のVPSサーバーはWIN-VPS.comが格安って聞いたけど、、、果たして本当なのか...

FX業者のサーバーロケーション ※重要

FX自動売買を行う海外FX業者のサーバーと、同じロケーションを選ぶ必要があります。ぶっちゃけ違っても問題なく動きますが、とても不利なトレード環境になってしまします。

ViMachはロンドンサーバーを選べません。なのでニューヨークサーバーのFX業者でないとメリットはありません。

よくわからないなぁ、という人のために、FX業者別のサーバーロケーションをまとめておきます。

ニューヨークサーバー(United States – New York)
  • TitanFX:ブレード口座の約定力に定評あり
  • MYFXMarkets:オーストラリアの新興ブローカー
  • Axiory:約定力には定評あり
ロンドンサーバー(United Kingdom – London)
  • XM:日本人の利用者がもっとも多い海外FX業者
  • Tradeview:ロンドンに拠点、低スプレッドのECN口座が売り
  • TradersTrust:条件を満たせば無料でVPS利用可能
  • Tickmill:低スプレッド、大きな金額の取引ができるブローカー

以上が「VirMachの使い方のすべて」でした。
現在、筆者が利用中の海外VPSは下記で解説していますのであわせてどうぞ。

現在利用中の海外VPS業者を解説しています

Comment