【これで完璧】FX自動売買用・おすすめVPSを徹底比較【無料×格安×海外】

格安VPS
FX自動売買のVPS選びに迷う人「FX自動売買を始めるにあたりオススメなVPSサーバーを知りたいなぁ。全く知識がないので、初心者でも簡単に使えるVPSサーバー希望です。どれを選ぶべきだろう?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • FX自動売買用の初心者にオススメなVPSサーバー3つ
  • FX自動売買のトレード環境を構築する方法【小学生でもOKです】
  • FX自動売買するなら最低限は知っておくべきVPSサーバー知識
  • FX自動売買用・おすすめVPSサーバー【ジャンル別まとめ】

この記事を書いている筆者は、投資収益で生計を立てつつも、取引の自動化に取り組み、現在はFX自動売買をメインに取引しています。要するに、投資の知識と自動化の知識があります。

投資関連の記事は、現役のトレーダー以外が書いたものが多く、間違っている情報も多かったりします。今回の記事では、トレーダー目線で”FX自動売買のためのVPS”を書きました。是非ご覧ください。

FX自動売買の初心者にオススメなVPSサーバー3つ

結論は、以下の3つの中から選んでおけば問題なしです。

WIN-VPS.comとVirMachは月1000円未満で利用可能

FX自動売買の初心者なら、VirMachのメモリ1GBプランがいいのかなと。そして、EAの取扱いにも荒れてきたのなら、WIN-VPS.comの2GBプランから始めてみるのをオススメ。

ガチでFX自動売買をやるなら、WIN-VPS.comの一択になると思う。なぜなら、最大メモリ120GBのプランまであるから。ここまで使うようになったら神ですね(;^ω^)

英語が得意ではないけど大丈夫かな

海外の格安VPSはすべて英語ですが、問題なし。
なぜなら、Windowsリモートデスクトップの設定の仕方などは日本のVPSと同じだから。

  • 『VPS sever』英語の検索結果:約43,600,000 件(8桁)
  • 『VPS サーバー』日本語の検索結果:約4,310,000 件(7桁)

日本語だけで生活していると気づきませんが、日本語だと情報量が限られてきます。なので英語ができると選択肢が増えますよ。

日本国内のVPS会社はだれにオススメ?

日本のFX業者を使ってFX自動売買をしたい方。日本のFX業者のサーバーは100%日本国内にありまして、日本のVPS業者を使った方がトレード環境は良くなります。

ABLENETでは、最大10日間のお試しが可能。VPSサーバー初心者の人で、使い方がわからず辞めてしまう人が一定数いるのも事実。「お試し期間」や「返金保証」は初心者の味方。

完全初心者は、「お試し期間」をうまく利用するのもアリですね。

FX自動売買のトレード環境を構築する方法【小学生でもOKです】

FX口座とVPSをつかってトレード環境を構築していきます。
このプロセスはとてシンプルになので、初心者でも大丈夫です。

FX自動売買でつかうVPSを選ぶにあたって、必ず見るべきポイントは次のとおり。

  • その①:VPS会社のサーバーロケーション
  • その②:FX業者のサーバーロケーション

順番に見ていきましょう。

その①:VPS会社のサーバーロケーション

VPSサーバーのロケーションは会社ごとにちがいます。

1か所の場合もあれば、複数から選択できる場合もあります。VPSサーバー選びでは、必ずサーバーロケーションを確認するようにしましょう。利用しているFX業者のサーバーロケーションと同じ場所を選ぶと、トレード環境が改善します。

VPS各社のサーバーロケーション
ロケーション VPS会社
ニューヨーク WIN-VPS.com, VirMachなど
ロンドン WIN-VPS.com, VULTRなど
アムステルダム VirMach, VULTRなど
シンガポール VULTRなど
日本国内 ABLENET, お名前.comなど

その②:FX業者のサーバーロケーション

FX業者のサーバーロケーションも会社ごとにちがいます。

なので、メインで使うFX業者が決まっている場合は、FX業者とVPSのサーバーロケーションと同じにして、レイテンシー(遅延速度)を最小化。約定能力の高いトレード環境を構築しましょう。

各FX業者のサーバーロケーション
ロケーション FX会社
ニューヨーク TitanFX, Axiory, MYFXMarketsなど
ロンドン XM, TradersTrust, Tradeviewなど
アムステルダム FBS, HotForexなど
シンガポール GEMFOREXなど
日本国内 楽天証券, Oanda Japanなど

また、条件付きでVPSサーバーを無料提供している海外FX業者もあります。大容量ではありませんが、MT4を動かすには十分なスペック。人によっては、選択肢になりえるかもしれません。

FX自動売買するなら最低限は知っておくべきVPSサーバー知識

ここでは、よくある疑問をまとめてみました。
これからFX自動売買を始めるなら、少しだけサーバー知識を知っておきましょう。

その①:FX自動売買のためのVPS容量は?

VPSサーバーにMT4をインストールして、FX自動売買を行います。何台くらいのMT4を動かすことが可能なのでしょうか。答えは、メモリ1GBあたりMT4を1台、このあたりを目安にしてください。

ただ、物理的にはもっと多くのMT4を動かすことができます。筆者はメモリ4GBのVPSでMT4を7台稼働中。よく見ると、利用率はCPU・メモリともに90%超え。

これでは、いつ止まってもおかしくない状態。決してマネしないでください(;^ω^)

その①:FX自動売買のためのVPS容量は?

その②:FX自動売買でVPSをつかうメリットは?

VPSサーバーとは、FX自動売買用のMT4を24時間動かすためによく利用されるツール。ネット上の空間にPCと同じWindows環境を作り、そこにアクセスして操作を行います。

メリットとしては、MT4だけのために自宅のPCを24時間動かす必要がない。VPSサーバーの場所をFX業者のサーバーから近くすることで、約定速度が速くなることです。

その③:FX自動売買・VPSの使い方はむずかしい?

VPSサーバーは、国内・海外のVPS会社を問わず基本的に同じ使い方になります。とくにWindowsリモートデスクトップはマイクロソフトの作ったツール。

なので、ほぼ同じやり方で設定、ともかく簡単です。VPS会社の公式サイトにもわかりやすい解説があり、サポートが必要になる人は、ほとんどいないでしょう。

無料期間アリのVPSサーバーを比較

まずは、「無料期間でお試し」で良いと思います。

すでにFXの経験があるのなら1年契約もアリですが、「FX自動売買は長期継続が前提」なので、基本的な考え方としては「最初の数か月で続けられそうか判断する」のが大切だと考えています。

新しいことを始めるときのポイントは、初期コストを抑えることです。

ABLENET(エイブルネット)のVPSサーバー

ここは断言しますが、国内外のFX専用VPSで無料お試し期間があるのはABLENETだけ。10日間は短いと感じるかもしれませんが、VPSをつかってFX自動売買を理解するには十分です。

このまま、イケそうだと感じたらキャンペーンを上手く利用して、オトクにVPSを使い続けるのもアリだと思います。
» ABLENET VPS ※[期間限定] 利用料割引+メモリ増量!キャンペーン実施中

無料VPSサーバーを比較

完全初心者からのよくある質問で「無料で使えるVPSありませんか?」と聞かれることがあります。

結論:一定の資金が用意できるなら、海外FX業者の無料VPSサービスがある

50万ほど、入金できるのならコスパの良い選択になると思います。
基本的に無料VPSは、メモリ容量が少なめです。なので筆者のようにMT4を10台以上動かすことはできません。ですが、MT4を1台~2台くらい動かす程度なら問題はありません。

利用するVPSサーバーは基本的に、海外FX業者のものではありません。海外FX業者が提携している民間のVPS業者のサーバーです。なのでVPSのクオリティは、有料VPSと同じということになります。

海外FX業者で利用できる無料VPSサーバー6つ
利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
GEMFOREX 5,000ドル なし
XMTrading 5,000ドル 5ロット/月
IS6FX 5,000ドル なし
TTCM 2,000ドル 5ロット/月
Exness 500ドル なし
FBS 450ドル 3ロット/月

GEMFOREXの無料VPSサーバー

利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
GEMFOREX 5,000ドル なし

GEMFOREXの運営歴は10年近くあり、業界最古参のサイト。海外FX業者のサービスとして、無料EAダウンロードサイトも運営しています。

日本語サポートデスクで、メール・チャットによるユーザー対応を実施。日本国内のFX会社と同じ感覚で利用することが可能。

忘れてはならないのが、豊富なボーナスキャンペーンの存在。こちらは海外FX業者のなかでトップレベルの大盤振る舞いをしており、利用者も増加中です。無料EAに興味がある人はぜひ活用しましょう。

XMTradingの無料VPSサーバー

利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
XMTrading 5,000ドル 5ロット/月

XMTradingは、日本人が最も多く利用している海外FX業者として有名。

日本人の利用者が桁違いに多いので、日本語サポートがとても充実しています。

筆者も使ったことがあるのですが、サイトの使いやすさ、日本語サポート、手数料、レバレッジを含め、不満は出ないかなと。中級レベルになったら、ニーズに合わせて別の海外FX業者に移っても良いでしょう。

IS6FXの無料VPSサーバー

利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
IS6FX 5,000ドル なし

IS6FXは、豊富な入金ボーナスを連発している新興ブローカー。

無料VPSサービスも提供しており、FX自動売買で利用可能。ただし注意点がありまして、入金ボーナスを使った場合、一部ロジックで動くEAは利用禁止。

詳細は書かれていませんが、グリッド・ナンピン系のEAと思われます。ですが、入金ボーナスを利用しない場合、制限はないので問題はありません。

TTCM(TradersTrust)の無料VPSサーバー

利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
TTCM 2,000ドル 5ロット/月

TTCMの無料VPSは実際に使ったことがあるのですが、世界最高峰のFX専用VPSサーバー『Beeks社』のモノでした。スペックは完璧です。

そして、TTCMの無料VPSでは、他社口座のMT4でもFX自動売買が可能です。なのでTTCMの無料VPSをつかって他社のMT4口座を動かすなんてことも可能です。

無料VPSのスペックは世界最強。クオリティを求めるなら、ここから始めてみてください。

Exnessの無料VPSサーバー

利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
Exness 500ドル なし

日本向けサービス強化中。無制限レバレッジが使える唯一の海外FXブローカー。

FBSの無料VPSサーバー

利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
FBS 450ドル 3ロット/月

世界的に有名なFX業者。最大レバレッジは3000倍まで設定可能です。

国内格安VPSサーバーを比較

VPSサーバーをざっくり解説すると、「インターネット上の土地」みたいなイメージです。

  • 東京から埼玉:電車で1時間あれば行ける
  • 東京から福岡:新幹線でも約5時間かかる

スゴイざっくりな解説ですが、FX取引では「FX業者のサーバーに毎回注文を届けに行っている」と考えればわかりやすいかなと。だとすれば、近いほうがいいに決まっている。この理由にも納得できるはずです。

楽天証券やOandaJapanなど、国内FX会社のサーバーは日本国内にあります。これらのFX会社をつかうなら、日本国内にサーバーがある国内VPS会社を使うべきです。

国内格安VPSサーバー4つ
VPS業者 メモリ容量 月額料金
お名前.com 1.5GBから 1,353円から
ABLENET 1.5GBから 1.375円から
使えるネット 2.0GBから 2,508円から
KAGOYA 1.0GBから 1,045円から

お名前.com デスクトップクラウドのVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
お名前.com 1.5GBから 1,353円から

日本国内でもっとも有名なFX用のVPSサーバー。

一部上場企業のGMOインターネットグループが提供しているので、信頼性も抜群。サポート体制も充実しているので初心者でも安心です。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4ではいくつかプランがありますが、初心者なら1.5GBプランを選んでおけばOK。

期間限定のキャンペーンはほとんどのVPS業者で実施しています。お名前.comも例外ではなく、定期的にキャンペーンを実施。始めるならオトクなキャンペーン期間中がベストですよ。
» お名前.com デスクトップクラウド for MT4はこちら(期間限定キャンペーン実施中)

ABLENET(エイブルネット)のVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
ABLENET 1.5GBから 1.375円から

ABLENET(エイブルネット)は最古参のVPSサーバー会社のひとつです。

最大の特徴は、FX用のVPSサーバーとしては唯一、最大10日間のお試しが可能ということ。このお試し期間を『エックスサーバー』『ロリポップ』などのレンタルサーバーで見かけたことがある人もいると思います。ただ、それらはFX用のVPSとは別物のサービス。

VPSサーバー初心者の人で、使い方がわからず辞めてしまう人が一定数いるのも事実。「お試し期間」や「返金保証」は初心者の味方。完全初心者はここを第一候補に考えてみてください。
» ABLENET(エイブルネット)でVPSを10日間試してみる

使えるねっとのVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
使えるネット 2.0GBから 2,508円から

使えるねっとは2007年より日本で最も早い段階からWindows VPSのサービス提供を開始。

特徴として「FX専用 米国設置VPS」も選択可能。完全日本語サポートを受けながら、海外FX業者のハイレバレッジを使い資金効率アップ。こんな選択肢もアリですね。
» 使えるねっと|運用実績国内No.1のFX専用VPS

KAGOYA カゴヤ・クラウドのVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
KAGOYA 1.0GBから 1,045円から

日割り料金での利用もできるVPSサーバー。ただしFX専用というわけではないので、実際にトレードしたときのクオリティはわかりません。

【MT4も動く?】KAGOYA カゴヤ・クラウドVPSをレビュー
「VPSを探していたら、KAGOYA カゴヤって出てきたけど、FX自動売買でも使えるのかなぁ。プランがとても細かく分かれているみたいだけど、どれを選んだらいいんだろう。FX自動売買の経験者の方教えてください。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.KAGOYA カゴヤ・クラウドVPS - 結局、月額いくらなの?

海外格安VPSサーバーを比較

海外格安VPSの特徴は次のとおり。

  • ①:料金は世界最安クラス
  • ②:メモリ10GB以上の大容量プランが豊富
  • ③:サーバーロケーションでニューヨークやロンドンを選択可能

海外FX業者を使いこなす熟練トレーダーは、海外格安VPSの一択でしょう。

基本的に英語で提供されているのですが、基本的な使い方は同じです。慣れれば問題ありません。しかし、基本的なサポートは英語なので、覚えておいてください。

海外格安VPSサーバー5つ
VPS業者 メモリ容量 月額料金
WIN-VPS.com 0.7GBから 827円から(7.5ドル)
VirMach 1.5GBから 642円から(5.83ドル)
Beeks 2.5GBから 4,148円から(27英ボンド)
VULTR 2.0GBから 2205円から(20ドル)
Time4VPS 2.0GBから 437円から(3.33ユーロ)

WIN-VPS.com(ウィンVPS)のVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
WIN-VPS.com 0.7GBから 827円から(7.5ドル)

WIN-VPS.comはロシアの格安VPSサービスです。FX自動売買で稼働するためのVPSサーバーを格安で提供しています。

メモリ4GBのプランが1年間110ドル、1カ月あたり約9ドルで利用可能。最大でメモリ120GBのプランまであり、大容量になるほどおトクになります。

筆者もメインのVPSサーバーとして利用中。メモリ10GBのロンドンサーバーとメモリ4GBのニューヨークサーバーを併用。大きなトラブルもなく、とても満足しています。

メインで使っているので、使い方を細かく解説しています、参考にどうぞ。
» 【誰でも簡単】WIN-VPS.comの使い方(登録と設定と解約方法)【実証】

VirMach(バマーク)のVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
VirMach 1.5GBから 642円から(5.83ドル)

VirMachは、メモリ1GBプランでは世界最安のVPSです。

メモリ1GBプラン12か月契約で$70から(約7,700円)。1か月あたり約650円なので、国内VPSの約半額で利用できることになります。

デメリットをひとつあげるとすれば、サーバーロケーションでロンドンを選べないということ。ただ、ロケーションでアムステルダムを選択すれば、レイテンシーは10m/s程度なので、そんなに気にしなくていいのかも。

こちらも利用中なので、設定方法は別記事でくわしく解説しています。
» 【初心者向け】VirMachの使い方(登録と設定と解約方法)【画像解説】

Beeks(ビークス)のVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
VirMach 1.5GBから 642円から(5.83ドル)

Beeksfx VPSは、自動売買取引のためのサーバーを提供する会社として世界最大です。

他社と比較すると料金はハッキリと割高に感じます。それでも、FX自動売買用のVPSとしては最大規模を誇っています。これには理由が2つあります。

  • ともかくレイテンシー(遅延速度)が小さい
  • 提携している海外FX業者がダントツに多い

また、この【最強・最速】のBeeksのVPSを無料で使う方法があります。それは、Beeksと提携している海外FX業者で口座開設するという方法です。

一定条件を満たすとBeeksのVPSを無料で利用できるサービスを行っています。※※この辺りを話すと長くなるので、【完全無料】海外FXでつかえるVPSオススメ3選【MT4でFX自動売買】をご覧ください。

FX自動売買をしている全トレーダーのあこがれと言っていいVPSサーバー。
すこしお高いけど(;^ω^)
【最強・最速】BeeksをつかってMT4でFX自動売買をはじめる
「FX自動売買用のVPSはBeeksが速いって、聞いたけど実際はどうなんだろう?Beeksは海外VPS業者だから、やっぱ英語で設定しなくちゃいけないのかなぁ。経験者のレビューをみたいです。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容・【最強・最速】Beeks - 日本語はだいじょうぶ?

VULTR(ヴァルチャー)のVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
VULTR 2.0GBから 2205円から(20ドル)

VULTRもFX自動売買をするトレーダーの間では有名なVPS会社。

最大の特徴は、選べるサーバーロケーションの豊富なところ。VULTRで選べるロケーションはニューヨークやロンドン、東京など17か所になります。利用しているFX業者のサーバーロケーションと同じ場所を選ぶと、トレード環境が改善します。

VULTRには他のVPS業者のような年間割引はありません。そして、他社と比較すると料金はハッキリと割高に感じます。

【価格は?】VULTR 海外VPSをレビューする【Windows OS】
「FX自動売買用のVPSを探していたらVULTRって出てきたぞ。海外のVPSみたいだけど大丈夫なのかな。海外のサービスは慣れていないので、日本語で分かりやすく解説してほしいです。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容・VULTR 海外VPSをレビュー - 気になる料金は?

Time4VPS(タイムフォーVPS)のVPSサーバー

VPS業者 メモリ容量 月額料金
Time4VPS 2.0GBから 437円から(3.33ユーロ)

Time4VPSも最近見かけるようになった新興の海外格安VPSサーバー。

他社と比較すると料金は安いのがわかります。しかしTime4VPSは、FX自動売買用のVPSとしてはファーストチョイスにはならないかなと。サーバーロケーションは「リトアニア」です。

筆者もVPSサーバーは、複数契約して分散させています。メインではないが、料金の安さからサブのVPSとしては、考えてもいいのかもしれません。

【リトアニアで発見】Time4VPSをレビューする【海外VPSを紹介】
「最近、Time4VPSという海外VPSをネット上で見かけるようになったなぁ。海外のサービスってあまり使ったことないんだけど、どうなんだろう?海外のサービスに詳しい人教えてください。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容・Time4VPSをレビュー - 料金はいかほど?

まとめ:FX自動売買・おすすめVPSを徹底比較【無料×格安×海外】

FX自動売買で使うVPSサーバーについて、詳しくなったのではないでしょうか。

ここからは「実践」が大切です。

VPSは早めの契約が有利、なぜならFX自動売買ではデータを集めが必須だから。

FX自動売買は「分析と改善」の繰り返しです。
それは、どうやってやるのかというと、

VPSサーバー上で動かした、トレード結果を元にです。

つまり、VPSサーバーを動かしていないと、自動売買のトレードスキル向上は不可能。現在メモリ10GB以上のVPSを利用中ですが、半分以上はデモ口座を動かしています。そこで手に入れたデータを元に、自動売買ツール(EA)の設定を変更しながらリアル口座を動かしています。

そして、結果は以下のとおり

毎週、少しづつ改善しながら前に進んでいる感じです。

VPSサーバーの登録をしても、利益が約束されたわけではありません。ただ、間違いなく言えることは、行動なくしてスキルアップはあり得ない、ということ。

一歩前進のための行動をいま起こしてください。
アナタはVPSサーバーに関する必要な情報はすべて手に入れたのだから(^_-)-☆

無料期間アリのVPSサーバー1つ
VPS業者 メモリ容量 月額料金
ABLENET 1.5GBから 1.375円から
海外FX業者で利用できる無料VPSサーバー6つ
利用条件 最低口座残高 最低取引ロット
GEMFOREX 5,000ドル なし
XMTrading 5,000ドル 5ロット/月
IS6FX 5,000ドル なし
TTCM 2,000ドル 5ロット/月
Exness 500ドル なし
FBS 450ドル 3ロット/月
国内格安VPSサーバー4つ
VPS業者 メモリ容量 月額料金
お名前.com 1.5GBから 1,353円から
ABLENET 1.5GBから 1.375円から
使えるネット 2.0GBから 2,508円から
KAGOYA 1.0GBから 1,045円から
海外格安VPSサーバー5つ
VPS業者 メモリ容量 月額料金
WIN-VPS.com 0.7GBから 827円から(7.5ドル)
VirMach 1.5GBから 642円から(5.83ドル)
Beeks 2.5GBから 4,148円から(27英ボンド)
VULTR 2.0GBから 2205円から(20ドル)
Time4VPS 2.0GBから 437円から(3.33ユーロ)